夢追い月 (ハルキ文庫 こ 8-1 時代小説文庫 蘭学塾幻幽堂青春記)

著者 : 小松エメル
  • 角川春樹事務所 (2012年5月15日発売)
3.48
  • (5)
  • (18)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :148
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436601

夢追い月 (ハルキ文庫 こ 8-1 時代小説文庫 蘭学塾幻幽堂青春記)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一生懸命だけど、幼すぎて周りが見えてない主人公が不思議な事件を切っ掛けに成長していく物語。
    読みにくいわけではないけれど、全体的に堅苦しい感じ。男の人ばかりだからかな。恋愛要素とかをもう少し絡めて欲しかった感じ。

  • シリーズ1作目。いろいろ不思議が出てきて、登場人物も謎を含みながら全員ではないようだけど揃ってきて。小松エメルさんは「夢の燈影」しか読んでいなかったので、不思議系を読むのは初めて。ちょっとずるずる読んでしまったが、これからに期待。
    しかし、まだ少年と言える主人公の出身地が、武州多摩とか八王子千人同心とか、新選組に関わる言葉が出てきたのにはつい反応。幕末だから時代としてはかぶるので、もしやこれから関わるのかもと期待してしまいます。

  • 小松エメル初読みです。
    読みやすいし、今後の展開がきになります
    八重太と秋禎のほんのりかおる、
    BL感がなんともいえない

  • まぁまぁ

  • がっちりきっちり杓子定規に定められた閑居でなく、自由闊達な蘭学塾で巻き起こる、日常と非日常の記録。
    一癖も二癖もある塾生の中、唯一の常識人と自分を信じ込んでいる水野が語り部です。
    水野の自己と周囲の評価・認識がひっくりかえる怪異な出来事のお話。

    何かに向けた情熱が、独善に成り代わって発現した怪異。水野自身も、原因になってしまう素質は十分だったわけで、客観的に突きつけられた、自分の姿というのはしんどかったでしょうね。

    舞台は文久二年(1862)。明治維新(1868)まで間もない京都。この先、血風吹き荒れる動乱の都と成り果てる京都で、蘭学塾の面々が、どう歴史の流れに翻弄されていくのでしょうか。

  • シリーズ続くの楽しみ!

  • 幕末京都の蘭学塾の塾生(美少年)が怪異に出会った。
    個性的な塾生達と塾長、シリーズ1作目なので伏線的なものが多い。

  •  途中までは主人公の考えや行いにイラついてしまい読みづらく感じたが、当人が自覚してくるとあの空回りが可愛く思えてきた。
     なんだかバタバタしてるなあとか、唐突に感じる部分もあって、全体的に話がぎこちないというかすっきり入ってこない感じがしたけれど、小説自体は楽しめた。続巻が出たら読みたい。

  • 風変わりな蘭学塾の塾生(美少年)の奮闘記…かなあ。伏線いっぱいで謎が多いまま終わってしまった。かわいらしい話で面白かったけど、次回に続く…。

  • 図書館で借りました。小松さんの本が読みたいけど、買い揃えるのは…と思っていたら、図書館に揃っていました。

全18件中 1 - 10件を表示

小松エメルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

夢追い月 (ハルキ文庫 こ 8-1 時代小説文庫 蘭学塾幻幽堂青春記)はこんな本です

夢追い月 (ハルキ文庫 こ 8-1 時代小説文庫 蘭学塾幻幽堂青春記)を本棚に登録しているひと

ツイートする