霊は語りかける―実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫 ひ)

  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436755

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作までは、百物語を意識していたようですが、本巻からはギブアップして33編になってます。 
    まぁ、百話にこだわって、一つの話を複数話に切り分けるなんてことするよりは、潔いです(笑) 
    ちょうど、震災後に編纂されたものなので、震災がらみの話が数話あります。 
    今読んでも、心が痛いです。 
    33編なので、サクッと読了。 

  • 震災のあとの話が多くて、怖さというよりもっと違うものを感じた。でも、それでも首筋が痛くなるのはやっぱり何かあるのかもしれないなとは思う。

  •  前巻と同じく、この本にも、あの震災に纏わる怪談が多数、掲載されています。被災地でボランティア活動をした人の話、被災地で取材活動をしたマスコミ関係者の話など、話者は話によって異なりますが、そのどれもが悲しみと哀しみに満ちており、被災地の映像を観ただけでは解らない「感情」が直に伝わってくるのです。
     怪談でないと伝わらないモノがある。怪談だからこそ伝わるモノがある。改めて認識しました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1960年、岩手県生まれ。2000年『エンデュミオンエンデュミオン』でデビュー。同年『エリ・エリ』で小松左京賞を受賞。14年、歴史作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞。ホラー、歴史小説ともに著作多数。

「2018年 『江戸城 御掃除之者! 玉を磨く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平谷美樹の作品

霊は語りかける―実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫 ひ)を本棚に登録しているひと

ツイートする