銭の戦争 第二巻 北浜の悪党たち

著者 : 波多野聖
制作 : 森 美夏 
  • 角川春樹事務所 (2012年8月8日発売)
3.93
  • (5)
  • (15)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436823

銭の戦争 第二巻 北浜の悪党たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 狂介は商売の本場・大阪で、金融界で活躍する相場師たちと出会う。
    そんな折、狂介にとって史上最強の敵となる相場師界の大策士・天一坊が現れ…。
    天才相場師・狂介の、壮烈な「銭」の戦いを描くシリーズ第2弾。

  • 第二巻の舞台は大阪。大阪の金融の歴史がわかり、非常に勉強になります。

  • 面白かった!相場の話と明治時代の歴史の話が上手く噛み合っていて飽きない。次の巻も楽しみだ。

  • 相変わらず面白い。早く全部完結しないかね。

  • 父親に勘当された享介改め狂介は関西の相場師逹との交流を深める。北浜銀行の岩下清周、野村商店の野村徳七(二代目)、義理堅い岩本栄之助などである。狂介は相場が荒れるのを待ち、東京に帰る。

  • 2巻も面白い。焼けるような緊迫感は1巻に比べ無いものの、近世日本の蘊蓄は目を見張る。文章も華美もなく簡素もなく、スルッと読める。次巻への期待が膨らむ。

  • 今まででベストの経済小説!
    投資と投機の世界がパワフル&スピーディーに描かれ、明治末の国際政治&歴史物語としても読める。
    野村証券と伊藤博文とロマノフ王朝が出てくる豪華っぷり・・・
    「カブ屋」を目指す証券マンは必見の一冊でしょう。

  • 銭の戦争、第2巻。
    舞台が、京阪に変わりました。

    あいかわらず、投機の世界と歴史の世界が交わらないので、
    個々は面白いのですが、全体としては少しちぐはぐな感じ
    がします。
    前回同様、話のテンポはとても良いので、ほぼ一気呵成に
    読破しました。3巻目も期待です。
    ※野村証券の成り立ちが興味深かったです。

  • 時は明治。歴史を舞台に金儲けに走る若者の話だけど、基本的には歴史に忠実にオリジナルの人物を上手くすべり込ませている。
    これ面白い。

  • 物を知りながら楽しめる感じだ。
    第一巻の衝撃ほどはなかったが、やはり面白い。
    明治政府の動きは時代背景として分かるが、ロシア王朝の話しがどの様に"実王寺狂介"と絡んでくるのか楽しみだ。
    そして予告がなんとも小説らしくなくて、なんか笑える。

全16件中 1 - 10件を表示

波多野聖の作品

銭の戦争 第二巻 北浜の悪党たちはこんな本です

銭の戦争 第二巻 北浜の悪党たちを本棚に登録しているひと

ツイートする