喧嘩名人 剣客太平記 (ハルキ文庫 お 13-5 時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436854

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あっという間に読み終えた。
    主人公の峡竜蔵を取り巻く人たちの個性もまた良い。
    相変わらず単純な話の展開ながら、飽きることなく、楽しく読める小説だ。

  • 剣客太平記の5作目。今回は竹中庄太夫がいい味を出している。内容的にはパターン化しているが、時代小説の面白いところはそのパターン化ではないだろうか。勧善懲悪でスカッとすればそれでよい、というテレビ時代劇と同じ。

  • 第五弾
    同様な短編四話形式
    内容もこれまでと大差なし
    今回は竹中庄大夫の過去と娘

  • 安定の感があるものの、逆に言うなら、パターン化してきたように感じる。TVドラマ的な雰囲気を醸している。ここいらで大きな変化を望む。

  • L 剣客太平記5

    どうわけだかホノボノしすぎて緊張感はまるでなし。「はッはッ」っていう表記も豪快さよりも乾いた笑い、滑稽さが先立つようで好きになれず。剣客太平記も取次屋も主役人物を周りが大好き大好き!なのが全面に出ていてどの場面もゆるい感じがしてしまうのよ。「さらば悪友」は緊迫感あり哀愁感ありで良かった。
    結局、お才>綾の構図で続く模様。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961年、大阪市出身。立命館大学卒業。松竹株式会社入社後、新作歌舞伎脚本懸賞に入選。1986年、南座「新必殺仕事人 女因幡小僧」で脚本家デビュー。その後フリーとなり、「水戸黄門」などの時代劇脚本を執筆。現在も舞台作品の脚本、演出を数多く手がけている。2010年、『取次屋栄三』で小説家デビュー。著書に「新・剣客太平記」「居酒屋お夏」シリーズ、『花のこみち‐戦国絵巻純情派』などがある。

「2018年 『恋道行〈二〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本さとるの作品

ツイートする