秋はまぐり 料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-18 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.35
  • (2)
  • (10)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436878

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は普通に謎解きあり、料理を考案し、最後は裏稼業でお裁き。
    表題のはまぐりは最後の方でようやく出てきましたが、それよりも秋刀魚料理や丼の方がおいしそうでした。
    前作の死人作りが今作までつながっているのがわかります。

  • 胡椒というのは江戸時代からもう一般的だったんですねー。

  • シリーズ17

  • 20130320 シリーズにも慣れて来た。犯人探しよりはストーリーだけ楽しむ本、あいまいな部分か残っても気にしない事。不思議と次も読んでしまう。

  • 長屋のお婆さんの誘拐事件、10年前に行方不明になった子供の行き戻り事件、死んだ俳優の生き返り事件。
    この3つの事件が絡み、切ない話に。
    さらに前巻に出てきた事件とも絡み合っていて、その事件の黒幕にまでたどり着ける。

    季節は秋刀魚の時期。
    他に、季節外れの鯛やはまぐりの料理が出てくる。

    シリーズ化して、様々な登場人物が出てきた。
    その脇役たちを毎回ほんの少しずつ登場させるのだが、あまりにもほんの少しなのでわざわざ出す意味があるのかなと思ってしまった。
    毎回料理を食べに来て同じような感想を言うトリオの代わりに、たまには別の脇役に料理の感想を言わせたりした方が、新鮮味が出てマンネリ化しないような気がする。

    事件は面白いのでちゃんと読むけど、料理に対する客の様子などはマンネリ化してるので、さらっと読んでしまう。

  • はまぐりを秋に乙に食べるっていいなぁと。

    家でも試してみたい。

  • 第十七弾
    登場人物に何ら変化が無いのが寂しい
    しかし、構成はいつもの感心するパターン
    3話に分かれているが、全体として繋がっており
    最後、悪を断つ

  • 安定してはいるのですが、マンネリな感じになってきちゃってるので、もう少しなにか大きな変化があると嬉しいなぁ。

  • 129

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

作家


「2018年 『なぞとき <捕物>時代小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

秋はまぐり 料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-18 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)を本棚に登録しているひと

ツイートする