あなたにここにいて欲しい (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.19
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436892

作品紹介・あらすじ

お互いのことはお互いが一番よく判っている-特別な関係で強い絆を持つ真美と祥子。小学校からの付き合いで、二十三歳になった今でもふたりには誰にも言えない秘密がある。しかし、綾子と名乗るカウンセラーと出会ってから、祥子の様子がおかしくなり、忽然と姿を消してしまった。"祥子が私を拒絶するはずなんてない!"そう強く信じずにはいられなかった真美だが、現実はもっと深刻なもので…。感涙の青春長篇小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若かった頃によく読んだ新井作品、久しぶりに手に取った。
    この年になってからのこの人の文体、正直キツい…(笑)愛憎についてここまで病的に掘り下げて考えるのも、鬱陶しい。
    だがそれでも惹き付ける新井ワールド、恐るべし。脱帽。
    2015/06

  •  新装版での再読。
     うーん。今読むと少しつらいかもしれない。
     まだ若い頃、女子同士で共依存関係である(いわゆるトイレに一緒に行くとか、お互いに似たような服装をするとか)その時代ならばわかる感覚であるような気がする。
     今の年で読んでも、主人公らに感情移入はできない。年を取ったものだなぁと感じる。

     あと、神経細胞は再生しない(=だから心の傷は治らない)という文脈があるのだけれど……いやそれ生物学的にどうなの、という気がしてしまう。
     思えば遠くへ来たものです。

  • 過去に読んでるけど、いい感じに忘れ具合で新鮮に読めた。
    新井素子作品自体が久しぶりだったせいもありますが、昔ほどはすんなりと読めなかった感じはあります。一人称の主人公に感情移入しきれないと、ちょっとつらい面はありますね。

  • 1987年の講談社文庫版から25年ぶりの復刊。四十過ぎのおっさんが初読から三十年近く経ってから言うことではない気もするのだが、『あなたにここにいて欲しい』やばい。新井素子すごい。この新装版を読み返して、自分の中に間違いなくこの作品が息づいているのに気づいた。影響されてるなんて普段意識に上らないくらいに深く影響されてた。何故あんまり読み返すことがなかったのか、その理由もはっきり判った。やばい。戦慄するのと同時に新たな感動に襲われている。

  • 再文庫化された素子さんの小説。
    親友以上に仲の良い二人の前に、謎の美女が現れる。
    その女を見た瞬間から祥子の様子がおかしくなり・・・

    以前読んだのですが、リニューアルされたようなのでもう一度読みました。
    人間関係のよじれ・執着の描写がいいと思います。
    話はいつものパターンなのですが、何度でも引き込まれてしまいます。

  • 独特な語り口が印象的だった。
    登場人物の台詞と手紙の部分以外は、主人公真実の独白という形になっている。

    歪んだ家庭環境、疑似母子関係などの人間模様が、最後には解消されていき、円満に終わった。
    何が幸福で何が不幸か、何が愛情で何が憎悪か、とても考えさせられた。

  • テレパス、サイコキネシス..SF小説に出てくるワードを見ていると、そんな特殊な能力があったらすごいだろうな、持ってみたいななんて簡単に考えてたけど、実際にそうだったとして、それを自分でうまく使える能力が備わっていなかったら自己が破綻してしまうのだと思った。特殊なのが自分だって幼いころから認識できる訳がないから。
    久々の「新井素子」を読んでやっぱりすごいなって思った。独特の世界観と、てにをはの少ない独特な文章。私、「新井素子」やっぱり好きだな。って思った。(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あなたにここにいて欲しい (ハルキ文庫)のその他の作品

新井素子の作品

あなたにここにいて欲しい (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする