医は仁術なり―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437165

作品紹介・あらすじ

御殿医を勤めていた中星天元は、藩主の死が毒殺であることを見抜いて、黒幕である弟の陰謀を暴くべく江戸へ出る。だが弟の新藩主も河豚の毒で急死。藩は改易され、戻るべき故郷を無くしてしまう。やむなく知り合った浅草安部川町の名主・治兵衛を頼り、新しい町で医療所を開業するものの、金の無い患者のため満足に薬も買えず、技術はありながら「やぶ医師」呼ばわりされる羽目に。だが畳奉行の悪行を知ったことを機に、義侠心が騒ぎ出し、得意の剣術を使って、早桶屋の竜次、破戒僧の朴念らと共に世直し稼業に乗り出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふつう・・

  • 御殿医を勤めていた中星天元は、藩主の死が毒殺であることを見抜いて、黒幕である弟の陰謀を暴くべく江戸へ出る。だが弟の新藩主も河豚の毒で急死。藩は改易され、戻るべき故郷を無くしてしまう。やむなく知り合った浅草安部川町の名主・治兵衛を頼り、新しい町で医療所を開業するものの、金の無い患者のため満足に薬も買えず、技術はありながら「やぶ医師」呼ばわりされる羽目に。だが畳奉行の悪行を知ったことを機に、義侠心が騒ぎ出し、得意の剣術を使って、早桶屋の竜次、破戒僧の朴念らと共に世直し稼業に乗り出す。

  • シリーズ第一弾
    お家が取り潰しになり、ある縁で町医者に、誤解が元で早桶屋の竜次、破戒僧の朴念と世直し稼業
    悪旗本退治に

  • お金をみんなで分けるのは仕事人っぽいっす。サクサク読めました。

  • シリーズ1

  • 時は江戸・・・。
    ある御家のトラブルから江戸に済むことになった医者、中星天元(なかほし てんげん)。

    ヤブなのか名医なのかはっきりしないのだが、まさに仁術。
    時にズル賢いところもみせるが、根底にある正義が滲みだす憎めないキャラ。
    医術のみならず、剣術の腕もなかなかの天元の立ち振る舞いは気分がいい。

    悪い奴らをとっちめる医業&世直し稼業

    新シリーズらしいが、次巻が楽しみ!

    ----------------
    【内容紹介】
    御殿医を勤めていた中星天元は、藩主の死が毒殺であることを見抜いて、黒幕である弟の陰謀を暴くべく江戸へ出る。だが、弟の新藩主も河豚の毒で急死。藩は改易され、戻るべき故郷を無くしてしまう。やむなく知り合った浅草安部川町の名主・治兵衛を頼り、新しい町で医療所を開業するものの、金の無い患者のため満足に薬も買えず、技術はありながら「やぶ医師」呼ばわりされる羽目に。だが畳奉行の悪行を知ったことを機に、義狭心が騒ぎ出し、得意の剣術を使って、早桶屋の竜次、破戒僧の朴念らと共に世直し稼業に乗り出す! 気鋭の新シリーズ!
    ----------------

全6件中 1 - 6件を表示

沖田正午の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする