よっ、十一代目! 鎌倉河岸捕物控二十二の巻 (ハルキ文庫 き 8-41 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 22の巻)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.42
  • (8)
  • (13)
  • (34)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :177
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437301

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸の暑い夏の日、金座裏では、十代目の政次の妻・しほの産月が近づいていた。そんななか、本町の薬種問屋「いわし屋」では、高値の薬種ばかりが無くなる事件が起きていた。問屋の身内の仕業なのか、巧妙に盗まれているだという。内密に探索を依頼された政次らは、手下の弥一らを奉公人として送りこみ、内情を探ることになるが・・・・・・。彦四郎の祝言、亮吉の恋路に新たな展開が待ち受ける、

    3月12日~14日

  • 私は磐音さんの方が好き。

    だいたい最近政治だっけ?若親分格好良過ぎ。

  • 11代目の誕生シーンがあっさり過ぎない?

  • 金座裏のしほも、産み月が、近づいてきているし、彦四郎の結婚も、準備が、整ってきて、皆忙しい日々を送っている。
    そんな中「いわし屋」の薬問屋で、色々な事件が起きて来る。
    高い値段の薬が紛失する事件、結婚前に遊んだツケで、出来た子供、そして、我が子の誘拐事件と、次から次へと、薬問屋内で、起きる。
    今の時代、DNA鑑定が、出来れば、いいのだけど、、、心配事が、絶えないが、彦四郎の子連れ結婚式の準備とともに解決していく。
    最後に、しほが、十一代目の男の子を出産。
    今度は、亮吉とお菊の話になりそう。
    現在、この本で、二十二の巻、、、まだまだ続きそう。

  • 最近のこのシリーズの悪人が小物になったように感じられて少し物足りない。
    最初の頃に比べて政次も迷いが無くなり貫禄すら感じられるようになり、父となる資格も充分ということか。

    それだけに、もっと政次を成長させるような強敵を登場させてほしいと思うのは贅沢なのだろうか。

  • 20131111 今回はつなぎの話かな。全体的に無理やりな感じがした。次に期待。

  • タイトルはどうあれ、どちらかというと彦四郎の結婚話が中心ですね。
    これで後は亮吉だけですか。
    そろそろ最終回でもいいんじゃないかという気もしますが、さて。
    みんな家庭持ちになったら、このシリーズの特徴がなくなるんじゃないかなぁと思いますが。

  • いわしやと言う高級薬屋のバカ旦那のお話し。
    お喋り籠屋がかごを盗まれたお話しは必要なんだろうか?

  • 薬種問屋 いわし屋で高値の薬が無くなる事件を内密に探索する政次ら金座裏はその影に大事件を見いだす。今巻は市井の小さな事件が大事件に繋がるこぢんまりとした感じだが、政次だけでなく金座裏の面々が集団での探索が鎌倉河岸捕物控らしくて良い。いわし屋を巡る事件も繋がりがあり、まずまず。いわし屋の主人がシリーズでは珍しくどうしようもない人である意味盛り上げてくれる。でも、最後の駕籠の事件は蛇足だった。これを彦四郎の祝言や志保の出産で盛り上がる最後に持ってきた意図がわからない。猫の扱いも中途半端だな。

  • 人生で一人前になるきっかけ。なんてことをふと思う。

全20件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

よっ、十一代目! 鎌倉河岸捕物控二十二の巻 (ハルキ文庫 き 8-41 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 22の巻)はこんな本です

ツイートする