彼女の狂詩曲―穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫 き 5-8)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.52
  • (3)
  • (22)
  • (14)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :137
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437332

作品紹介・あらすじ

未知の素粒子発見を目指して建造された巨大加速器"むげん"。だが、竣工後に新発見の成果を出せないことから、事業仕分けされるとの噂が流れた。大学の恩師である鳩村由子より、仕分け回避の相談を受けた綿貫基一は、設計者の天才少女・穂瑞沙羅華を訪ねる。沙羅華は、「新発見は難しい」といいながらも、"むげん"のために、一肌脱いでくれるらしい。彼女の設計した量子コンピューターに、仕分け回避の案を出させるというのだが…。『神様のパズル』の続編シリーズ、待望の第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 穂瑞沙羅華シリーズの4作目

    テーマは2作目は自己の存在理由で3作目は生物的な存在理由で、今回は家族とのかかわり?

    表紙の絵を見て「沙羅華とち狂ったか?!」と思ったけど、そんな理由があったのね
    ま、1作目からしてツンデレの傾向はあったからなぁ
    ただ、自分をアイドル化する事はTOEのためには不要と判断したのね
    当時は自分の盗撮画像を利用するくらい図太かったけどね
    ま、当時は精神的に壊れてたってことでしょうなぁ

    今作から、ライバルの加速器登場
    ライバルと言うには相当に高い壁だけどね
    ってか、沙羅華は何でアスタートロンの方に行かないんだろね?
    自分の目的のためにはソッチのほうが有利に思うけど

    なんだかんだ言って、綿さんとの関係を気にしてるのかねぇ

  • 課外活動シリーズの3巻め。
    半分くらいまではドタバタな描写が続き、ちっとも面白くなかったのですが、それをすぎるといつもの沙羅華と綿さんが登場してきました。
    立ち上がりが、遅いぞ。

  • シリーズ第3弾。成果を出せない巨大加速器”むげん”が事業仕分けされることに。前作でも登場した量子コンューターに回避策をコンサルさせると、突拍子もない回答が!

    これ2013年の作品なのですが、成果を上げることへのプレッシャーや自らの仮説も妄信すれすれに変わっていく研究者の姿など、今を予言しているかのような・・・

    ボケ役の綿貫君の家庭問題への突っ込み、鋭すぎるのでは?と思うものの、少し成長した沙羅華と綿貫君でした。

    もうそろそろ日本でもリニアコライダーで盛り上がってきてもいいんだけどなぁ。

  • 沙羅華が建設に携わった加速器「むげん」が
    期待された成果をあげぬまま
    「仕分け」の対象となってしまう話が浮上した
    このままではむげん内の沙羅華自身の研究室もなくなってしまうということで
    綿貫の持ち込んだむげん救済依頼を積極的に受けることにした沙羅華

    しかし考え出した解決策はどれも
    近々完成の予定されている加速器アスタートロンとの競合に勝てそうになく
    考えあぐねた二人は、沙羅華の設計した量子コンピュータに
    コンサルティングをさせることに

    そのコンピュータが弾き出した答えはなんと——
    『沙羅華のアイドル化計画』!?

    果たして沙羅華はアイドルとなってむげんを仕分けから救うことが出来るのか







    相変わらず適度に難しく
    適度にわかりやすい内容で最後まで楽しめた

    案の定、沙羅華は大人しくしているはずもなく
    ドタバタトラブルに綿貫は巻き込まれていくのだが
    なんか彼ももう達観しすぎてて悟りを開いてしまったんじゃないだろうか
    人間臭いような造りモノっぽいような
    不思議な男だと思う

  • 最後までワクワクさせる

  • 今回は、Theory of Everything の話かと思って、ずっと読み進めていたら、
    最後の最後は量子コンピューターの暴走だったりで、
    意外な方向に話が進んでいた。
    それにしても、一匹狼というのは、物理とか数学に多そうな気がするけど、
    そういった人たちも、なかなかに苦労してそうな気がする。
    Theory of Everything 自体は、どうなるのか、現実の物理学者も
    分かっていないので、ここで書いてあるのが正しいかどうかは
    判断できないけど、いろんな考え方があるっていうのを
    分かるだけでも面白いと思う。

  • 沙羅華のアイドル化で表紙と帯をキャッチーにしてるけど、中身は1作目の正統な続編という感じで、割とがっつりと理論を闘わせる内容になっていました。アイドル化で引っ張った分、全体のまとまりにはやや欠ける印象です。
    しかしこのシリーズはどうオチをつけるんだろう。TOE到達は、まぁないだろうし。。。

全7件中 1 - 7件を表示

機本伸司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

彼女の狂詩曲―穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫 き 5-8)はこんな本です

彼女の狂詩曲―穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫 き 5-8)を本棚に登録しているひと

ツイートする