密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.80
  • (31)
  • (81)
  • (61)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 498
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ランチで情報交換はちょっと非現実的な感じもするが、
    面白かった。
    ただ、もうちょっとと思う物足りなさも相変わらず。
    もっと長編にしても良いと思うんだけどなー。

    佐伯宏一のハイテク化(死語?)の進展が、
    時の流れを感じさせる。

  • 道警シリーズは、初めて読んだ。
    ちゃんと順番通りに読んでいれば、もっと人間関係で楽しめたのではないかと思う。
    干されながらも、もくもくと仕事をこなし、犯人逮捕にこぎつける。
    たのもしい。
    今度は、笑う警官から順に読んでみようと思う。

  • 続けて読んだからか前作と似てるような。ちょっとマンネリかも。

  • 道警シリーズ第5作。

    北海道各地でほぼ同時刻に起きた三つの不審死。亡くなった彼らは、裏社会の情報を警察に内通する協力者であったことが判明する。組織による報復と考えられるなか、佐伯警部補の協力者にも魔の手が迫り……。

    視点が目まぐるしく変わるのは従来どおり。その手法が終盤で威力を発揮し、緊迫感が味わえる。

  • 5作目。
    またみなさんにお会いできました。
    最初のころにキチンとメモしてないから、やはり誰?と思う人がいて反省する。
    せめて「笑う警官」くらいは読み直そうかな。

    北海道のあちこちで同日に起こった事件。
    被害者はかつて警察の「エス」だった。
    チーム佐伯出動。
    今回も本部は「ブラックバード」で。

    読み始めは欄のあけ方が微妙で、場面がどんどん変化していくのについていけてなかった。
    けど、慣れたから?途中からノンストップ。
    佐伯さんカッコよすぎるわ。
    私もマレーふうカレー食べたい。
    組織って大きくなるとこういうこと起こりがち。でも現場で足を踏ん張ってる人もちゃんといるから。
    それを応援したくなるいつもの読後。

    警官がみな、お前と同じものに恋い焦がれ、そのためなら警官の道など踏み外してもいいも考えるなんて、どこでそう思い込んだ?

  • テンポよく展開する道警シリーズ。多忙だったために読み終わるのにやたらと時間がかかってしまった。実際にありそうなリアルな内容で読みごたえのある作品。

  • 道警シリーズ第五弾♪ 更に面白くなっていて、大満足の一気読みでした♪

    既に何度も組んで難事件を解決に導いてきた“独立捜査チーム”となった感がある、佐伯&津久井&小島(&新宮?)たち。
    そのそれぞれの人間関係、「最悪の一週間」に端を発し未だ続く内部腐敗を遠因として発生する同時多発の報復殺人、同じ犯人に狙われ逃亡した親子──その一家を救うべく、真犯人・真相へ迫るべく奔走するチームのお馴染みの面々が活躍するさまは痛快で爽快♪

    警察とは、刑事とは、といった重いテーマも含みつつエンターテインメントに徹していて読みやすく、最高に面白い♪
    小説を読んでて良かった、と思える、思わせてくれる作品の1つです。

  • 道警シリーズももう5作目なんですね。
    このシリーズは外れがないですね。

    相変わらずテンポがいいし、読みやすい。
    そして、相変わらず「生々しい」

    一気に読んだ。

  • 面白かった。このシリーズは、外さないね。

    プロットされた事件がすべて同じところに収束していくところは、そうだとわかった後も特に違和感無く引き込まれた。

    さて、ここまでシリーズが確立した今、映画化がついてきていないのが残念。最初の終わり方が、続編からして原作とは別の流れになる感ばくはつやったからなあ…。

    ハードカバーでは、シリーズ第6作が出ているようなので、楽しみに文庫化を待つとしよう。すぐに忘れるんだろうけど…。

  • 道警シリーズ。各主要メンバーが活躍しかなり読み応えのある内容やった。各主要メンバーのキャラが確定してきたからかな。

全49件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)のその他の作品

密売人 単行本 密売人 佐々木譲

佐々木譲の作品

ツイートする