お気の毒さま―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-2 時代小説文庫 やぶ医師天元世直し帖)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437523

作品紹介・あらすじ

藩主の死によって改易された沼尻藩の元御殿医・中星天元は、浅草安倍川町で医療所を開いて、金のない患者を治しながら、早桶屋の竜次・願人坊主の朴念と組み、人知れず世直し稼業を行なっていた。そんなある日、不審な男に付きまとわれたお里という娘が、竜次の店へと駆け込んでくる。伝わらぬ想いに固執する「恋憑き男」と思われたが、朴念が住む廃寺の墓穴の底で、やはり男に追われて怪我を負った佐代という娘が見つかった上に、天元の助手のお咲も狙われる事態に…。相次ぐ娘たちの拐かしを解決するべく、「世直し組」の三人が立ち上がる!大好評の人気シリーズ第二弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藩主の死によって改易された沼尻藩の元御殿医・中星天元は、浅草安倍川町で医療所を開いて、金のない患者を治しながら、早桶屋の竜次・願人坊主の朴念と組み、人知れず世直し稼業を行なっていた。そんなある日、不審な男に付きまとわれたお里という娘が、竜次の店へと駆け込んでくる。伝わらぬ想いに固執する「恋憑き男」と思われたが、朴念が住む廃寺の墓穴の底で、やはり男に追われて怪我を負った佐代という娘が見つかった上に、天元の助手のお咲も狙われる事態に…。相次ぐ娘たちの拐かしを解決するべく、「世直し組」の三人が立ち上がる!

  • 第二弾
    前巻同様、無理をして世直し稼業
    娘の行方不明に関して、けったいな展開
    旧藩の留守居役」で道場主、今回だけの助っ人か?

  • シリーズ2

  • 前作の『医は仁術なり』から始まるやぶ医師天元世直し帖シリーズ第2作!

    やぶ医者(?)の天元(てんげん)とその仲間たちによる時代ミステリ!
    今回は同じタイプの女性(町人の娘)のみが姿を消してしまうといった「恋憑き男」、つまりストーカによる気持ち悪い事件、と思いきや、・・・といったもの。

    新たなキャラの登場もあり、また、このたび「世直し組」と称して、世間の裏で活躍することになった天元たち一派の今後の活躍が楽しみ。

    ----------------
    【内容(amazonより)】
    藩主の死によって改易された沼尻藩の元御殿医・中星天元は、浅草安部川町で医療所を開いて、金のない患者を治しながら、早桶屋の竜次・願人坊主の朴念と組み、人知れず世直し稼業を行っていた。そんなある日、不審な男に付きまとわれたお里という娘が、竜次の店へと駆け込んでくる。伝わらぬ想いに固執する「恋憑き男」と思われたが、朴念が住む廃寺の墓穴の底で、やはり男に追われて怪我を負った佐代という娘が見つかった上に、天元の助手のお咲も狙われる事態に・・・・・・。相次ぐ娘たちの拐かしを解決するべく、「世直し組」の三人が立ち上がる! 大好評の人気シリーズ第二弾!
    ----------------

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1949年、埼玉県生まれ。グラフィックデザイン、販促用ゲームデザイン、企画プランナーとして活躍後、2006年『丁半小僧武吉伝賽の目返し』で作家デビュー。軽妙かつ諧謔ある筆致が高く評価されている。「北町影同心」シリーズ(二見時代文庫)、「隠居大名世直し綴り」シリーズ(徳間文庫)、「やぶ医師天元世直し帖」シリーズ(ハルキ文庫)など多数。

「2017年 『生きがい 戯作者南風 余命つづり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖田正午の作品

お気の毒さま―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-2 時代小説文庫 やぶ医師天元世直し帖)を本棚に登録しているひと

ツイートする