史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)

著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (2013年8月10日発売)
3.82
  • (10)
  • (44)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :235
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437646

作品紹介

中国・前漢の時代。武帝・劉徹の下、奴僕同然の身から大将軍へと昇りつめた衛青の活躍により、漢軍は河南の地に跋扈する匈奴を放逐する。さらに、その甥にあたる若き霍去病の猛攻で、匈奴に壊滅的な打撃を与えるのだった。一方、虎視眈々と反攻の期を待つ、匈奴の武将・頭屠。漢飛将軍と称えられながら、悲運に抗いきれぬ李広。英傑去りしとき、新たなる武才の輝きが増す-。北方版『史記』、風雲の第三巻。

史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白い。北方の三国志、水滸伝~岳飛伝のように架空の人物が出てこない(今のところ)のが興味深い。史実ではこれから残念なカンジになっていくけれど、どう描いて行くのか楽しみ。
    それにしてもこれは史記に限ったことではないけれど、拍子抜けするくらいあっさりな英雄の死。・・・・だからリアルな雰囲気が作品に漂うのかも。

  • 第三巻。

    李広が無念。
    そして、霍去病・・・。あまりに急で、あまりに早すぎます。

  • なんと…こうも呆気なく英雄とは死んでしまうものなのか。

    これが物語であればいくらでも描きようもあるのだけれど、
    史実に基づいているのだから仕方がない。それでもあまりにも惜しい…!

    全てを手に入れた劉徹に少しずつ見え隠れする老いの兆しや、
    衛青のもとで力を伸ばしてきた李陵と蘇武の成長など、
    時代も人間も刻々と変化していく。

    栄枯盛衰、諸行無常はこの世の理だけれど、やっぱり虚しさを覚えるなぁ。

    匈奴側でも世代交代が進みつつあり、
    力が全ての民族の中でも三兄弟の仲の良さがせめてもの救いでした。

  • 次4巻。

    霍去病があっさりし過ぎていてびっくり。でもそうだったんだろうなぁ。

  • 時代が変わり、人が代わり、また同じ人物も歳を経て変わっていく。自分の生きる道、自分への期待と信頼、誰に何を期待するのか。
    3冊目にして、大きな変化あり。とは言え、まだまだ歴史は続く。

  • みんなから恐れられ、いつも顔色をうかがわれている帝は、本当は寂しい存在なのかな、と思った。

  • そう来るとは思いませんでした。また4以降は新たな展開ですね。

  • 人生熱く生きたい漢にオススメ

    水滸伝、三国志とはまた違った漢達が登場する。
    心熱くなる北方謙三シリーズ

  • 漢を守り続けた将軍李広。
    ただ、帝は守りよりも攻めを大事にする人だった、それだけ。
    最後まで軍人として戦場で死にたがったのに、不遇な死を遂げてしまう。
    そういう運命だったといえばそれだけだけど、、、なんとも悲しい結末。

    組織も同じことが言える気がした。
    上に立つ人によって方針は全然違うし、評価方法も違う。

    やっぱり人の世の原理原則はそんなに変わらないものなんじゃないかと思ってしまう。

  • この三巻めで漢飛将軍李広の悲運にまみれた自殺が起きる。

    衛青、霍去病、武帝共にその死は惜しんだが、司馬遷の書いたように「これを聞いて国中の百姓たちが、広を見たことがある者もない者も、老人も若者も、みな彼のために涙を流した。」という場面はついに現れなかった。また、「天命である」と云う李広の最期の言葉は伝わったが、「かつ広は年六十余なり。ついにまた刀筆の吏に対するあたわず」と、小役人の前でバカにされることを恐れたという記述もなかった。

    北方謙三の中に、「立派な漢(おとこ)の最期は世間の評判も気にしないし、小さなプライドは捨て自分の大きな矜恃のみを守るのだ」とでも言うべき「美学」があるのだと思う。

    李広去りて、孫の李陵が大きく前に出て来る。蘇健の息子の蘇武も李陵の友人として登場する。この武帝紀の前半は終わり後半に入ろうとしている。霍去病は一瞬の眩いばかりの輝きを見せ消えていった。李陵と蘇武は後半の主人公になるはずである。しかし、残念ながら「史記」には李は数行、蘇武は完成時に存命だったために書かれていないのである。

    眠りに落ちると思った瞬間、劉徹は不意に異様な気分に襲われた。それは恐怖と呼んでいいものだったかもしれない。
    いなくなる。ふと、そう思ったのだ。この自分でさえ、いなくなるのか。
    霍去病が、いなくなった。自分にさまざまな圧力をかけた、外戚たちもいなくなった。しかし、自分がいなくなることがほんとうにあるのか。(362p)

    名君武帝の暗君への始まりである。

    西の匈奴は駆逐した。西域から張騫がサラブレッド汗血馬を引いて戻って来る。武帝の新たな野望が始まるだろう。
    2013年9月12日読了

全19件中 1 - 10件を表示

史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)のその他の作品

史記 武帝紀〈三〉 単行本 史記 武帝紀〈三〉 北方謙三

北方謙三の作品

史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)はこんな本です

史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする