銭の戦争 第4巻 闇の帝王 (ハルキ文庫 は 11-4)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.47
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437684

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ロシアが賠償金を払うことになれば・・・ロシア国債は暴落し債務不履行もありえた。そうなれば国際金融市場は大混乱を起こす。特にロシア国債を大量に保有するフランス政府は大変なことになってしまう。そんな国際金融の混乱は回避するという列強の共通認識がポーツマス条約に反映された。賠償金を受け取れなかった日本政府は満州鉄道の経営に執着せざるを得なくなったのは当然なのではないでしょうか。』

  • ロシアではラスプーチンが皇帝の絶大なる信頼を得て国を操り、日本では大正デモクラシーの流れが出始めた頃。天一坊と対決し、思わぬ伏兵・守秋に足をすくわれた狂介は復讐に燃えていた。そんな中石油産業の成長に目を付け、世界最大の原油生産国である米国へ新たな〈投資〉を学ぶべく旅立った。一方、井上馨の密命により、欧州へ向かった狂介の父・井深雄之介は、守秋に命を狙われることに……。第一次世界大戦目前、混沌とした世界情勢の中、相場に人生を賭けた男たちの行く末は――。シリーズ第四弾!

  • 第一次世界大戦勃発を目前に、舞台は徐々に世界に。P39の山縣有朋の意味深な発言から、著者の歴史観が垣間見えた気がします。

  • 面白い本当に面白い。近代日本史をあらためて勉強したくなる。相場の話をあえて抑えたところがまたにくい。次がとても楽しみだ!

  • やっとラスプーチンと日本との繋がりが見えてきました。
    今ひとつ最終目的が分かりませんが・・・。
    株そのもの観点で見ると、今回はほとんど動きはありま
    せんが、タイトルの意味合いにぐっと近くなった巻だったように思います。
    次巻は更に波乱万丈な予感です。

  • 日本史の勉強もしないといけないねぇ。

  • 今回すごく面白かった。1~3と読んできたけど、今回が間違いなく一番。物語が大きくうねってます。
    張ってきた伏線をこれから回収していくぞ!という、祭りの前夜みたいな熱気がこもっていて、最高!

  • 1,2に比べ、ちょっと質が落ちてきた。

  • このシリーズはお気に入り。
    明治から大正に掛けての日本とロシア、世界列強の動きと株式市場から見る日本経済の動き。それらを背景にストーリーは進む。
    次が気になるシリーズ。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年、大阪府生まれ。一橋大学法学部卒業後、国内外の金融機関でファンド・マネージャーとして活躍する。著書に、TVドラマ化もされた『メガバンク最終決戦』、『メガバンク絶体絶命』『銭の戦争』シリーズ、『悪魔の封印 眠る株券』『本屋稼業』などがある。現在、Forbes JAPANにて「バタフライ・ ドクトリン -胡蝶の夢-」を好評連載中。

「2017年 『花精の舞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

波多野聖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ピエール ルメー...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする