風の王国 9 運命の足音 (ハルキ文庫 ひ 7-15 時代小説文庫)

著者 : 平谷美樹
  • 角川春樹事務所 (2013年8月10日発売)
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437691

作品紹介

父や多くの仲間たちを失った明秀は、悲しむ間もなく突欲が率いる猖獗兵の動きを探っていた。狙いは黒水靺鞨か、それとも定安府なのか。一方で高氏渤海王を名乗る高元譲は、猖獗軍の隙をついて懐遠府の域を奪還するのだった。そして、契丹皇太后・月理朶は皇帝・堯骨に死相を見てしまう-数年以内に堯骨は死ぬ-。野望の中で、死んでいく者と生き残り闘う者。明秀と突欲は、決着の時を迎えようとしていた。大長篇伝奇ロマン小説、第九弾!

風の王国 9 運命の足音 (ハルキ文庫 ひ 7-15 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第九弾
    三国に割れた旧渤海、突欲軍と契丹軍、何が大義か、捕虜に術を掛けて味方として戦わす突欲軍
    訳の分からない戦いが

  • 各勢力が小競り合いを続ける巻

  • 久々で第9巻。渤海や契丹といった、中国の歴史でもあまり陽の当たらない国々を取り上げており、テンポのある展開はなかなか面白いのだが、死者が甦るやら、強すぎる(感情も痛覚も封じられているそうな)兵隊が出てきたり、相変わらず、伝奇もの的な要素が目立ちすぎ。まっとうな歴史小説にすればよいと思うのだけれど。

全3件中 1 - 3件を表示

平谷美樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の王国 9 運命の足音 (ハルキ文庫 ひ 7-15 時代小説文庫)はこんな本です

風の王国 9 運命の足音 (ハルキ文庫 ひ 7-15 時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする