風の王国 10 草原の風の如く (ハルキ文庫 ひ 7-16)

著者 : 平谷美樹
  • 角川春樹事務所 (2013年10月12日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437820

作品紹介

九四六年。高元譲を倒すために、大明秀は高氏渤海に潜み、機会を狙っていた。一方、大地を全て血に染めながら進軍する突欲の猖獗軍は、高氏渤海軍を追いつめていた。明秀は息子のチョルモンや安東勇魚とともに、闘いの場へ向かう。それぞれの野望と大義がぶつかりあう中で、死にゆく者と生き残る者。明秀を待ち受ける運命は果たして…?壮大なスケールで描く大長篇伝寄ロマン小説、堂々の完結篇!

風の王国 10 草原の風の如く (ハルキ文庫 ひ 7-16)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第十弾で完結編
    突欲と明秀の最後の闘い、それぞれの息子も成長して次の時代へ?
    次の時代は登場人物と関係なく進むのか?

  • 戦い戦い、また戦い。

  • 主人公と突欲の最終決戦。

  • 渤海国の滅亡とその後の攻防を描いた歴史小説。10巻通して、伝奇的な面が鼻につく事は多々ありましたが、渤海や契丹といった、中国北部のマイナー王朝に対して、もともと興味を持っていたのと、ストーリー展開の面白さあり、なかなか楽しめました。

全4件中 1 - 4件を表示

平谷美樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の王国 10 草原の風の如く (ハルキ文庫 ひ 7-16)はこんな本です

ツイートする