花かがり―立場茶屋おりき (時代小説文庫)

著者 : 今井絵美子
  • 角川春樹事務所 (2014年3月1日発売)
3.75
  • (2)
  • (14)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :58
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438087

作品紹介・あらすじ

大晦日の彦蕎麦は、朝から大わらわ。そんな中、岡っ引きの亀蔵親分の義妹・こうめのお腹が痛み始めた。どうやら陣痛が起きたらしい。一方、「立場茶屋おりき」の旅篭では、お正月の準備に余念がない。おりきは、あすなろ園の幼子にお年玉をと思い、下駄商の天狗屋を訪ねたが、女主人のみのりが今晩夜逃げをすると言う-(「嫁が君」より)。天命をまっとうする者、新たな命を授かる者…料理が美味しいと評判の立場茶屋おりきは、温かく人々を包み込む。深い感動の輪を広げる、書き下ろしシリーズ、待望の十七弾。

花かがり―立場茶屋おりき (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.7.4

  • 情けは人の為ならず=二つの意味があると思う
    (自分に益を成す&かけられた人がダメになる)
    おりきに救われた人は多いが、だましにかける
    人もいる・・・悪意は防げないもんね

  • 文庫新刊で図書館にあったので手に取る。シリーズもの、おりきの設定は魅力的。

  • おお、あのひとがああなるとは。
    この時代寿命だったかも。

    しかしキャラ多すぎなので、簡単な紹介文を巻頭につけてほしい。だれやったっけ、となります。

  • 商品の説明


    内容(「BOOK」データベースより)

    大晦日の彦蕎麦は、朝から大わらわ。そんな中、岡っ引きの亀蔵親分の義妹・こうめのお腹が痛み始めた。どうやら陣痛が起きたらしい。一方、「立場茶屋おりき」の旅篭では、お正月の準備に余念がない。おりきは、あすなろ園の幼子にお年玉をと思い、下駄商の天狗屋を訪ねたが、女主人のみのりが今晩夜逃げをすると言う―(「嫁が君」より)。天命をまっとうする者、新たな命を授かる者…料理が美味しいと評判の立場茶屋おりきは、温かく人々を包み込む。深い感動の輪を広げる、書き下ろしシリーズ、待望の十七弾。

    4月8日~14日

全5件中 1 - 5件を表示

今井絵美子の作品

花かがり―立場茶屋おりき (時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする