逃亡 (ハルキ文庫 こ 6-26)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438100

作品紹介・あらすじ

生活苦にあえぐ旗本の間で、娘を裕福な商人の後添いにすることが増え、幕閣内で問題になっているらしい。北町奉行所定廻り同心・井原伊十郎は、その内情を確かめるべく、仲介を行っている六兵衛という男の探索に出る。しかし、探索先にて襲われ監禁されてしまう。命辛々逃げ出せた伊十郎だったが、彼の閉じ込められた先に男の死体が見つかったというのだ。聞き込み証言と刀についた血脂によって、伊十郎は下手人扱いとされ、謹慎を命じられる。しかし自らの身の潔白を証明すべく、伊十郎は江戸の町を逃げ回ることに…。大好評シリーズ第六弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第六弾
    相変わらず一途な伊十郎、「ほたる火」に助けられながらも旗本の娘を裕福な商人の後添えにするという背後に隠された陰謀に巻き込まれ、逃亡者となりながらも事件を

  • 旗本の娘を裕福な商人の後添いにする裏側に隠された企みに巻き込まれた井原伊十郎だが、盗賊「ほたる火」に助けられるシーンがさらに謎を呼ぶ。正体はいつ明かされるのか、楽しみな展開である。

  • L 独り身同心6

    伊十郎が下手人扱いされる流れは既定路線。
    ここまで典型的でいいの?
    武家が町人に嫁ぐのはまあま新しいか。ここまできたら武士もへったくれもないけど。
    仲人的存在も、そんな町人が武家にやすやすと持ち込める話じゃないと思うんだけど、目をつぶろう。百合、出番なし。
    もうほたる火がだれであろうといいんじゃないの?と思ってしまう。

  • ちょっと状況設定が複雑な気もするが。。。
    ほたる火の正体は、、、引っ張りすぎ!

  • 40

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小杉 健治(こすぎ けんじ)
1947年、東京生まれ。東京都立葛飾野高等学校、コンピュータ専門学校卒業を経て、プログラマーとして18年間勤務。1983年「原島弁護士の処置」でオール讀物推理小説新人賞、1987年『絆』で日本推理作家協会賞、1990年『土俵を走る殺意』で吉川英治文学新人賞を受賞。
社会派推理小説や、時代小説で活躍。著書に矢尋・知坂刑事シリーズ、「風烈廻り与力・青柳剣一郎」シリーズ、「三人佐平次捕物帳」シリーズ、「栄次郎江戸暦」シリーズ他、『父からの手紙』『残り火』『曳かれ者』などがある。
1993~1994年、日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門の選考委員を務めていた。

小杉健治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする