剣侠の人 (ハルキ文庫 お 13-10)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ最終らしい。新陰流の頂点を競う、偉大な先輩との仕合を前に、悩み、そして行き着いた先は。ああ、こういう結末もいいのかもしれません。 しかし子供はどうするんだろうか?

  • ついに最終巻まで読み終えた。最後まで爽やかな雰囲気であった。
    娯楽時代小説としては、とても自分の好みに合うもので楽しくよませてもらった。
    新シリーズへと続くようなので、そちらも楽しみにしている。

  • 狭竜蔵シリーズ最終巻。あっさり終わってしまった。だんだん竜蔵が大人になってしまうところと子供のままのところを巧くバランスを取って描いているが、剣を極めるというストイックさがそろそろ限界なのかな。ちょうどいい感じの終わり方であったように思う。

  • L 剣客太平記10


    途中、どっかで聞いた名だと思ったら、離れ業やられた。なんだかなぁ、確かに同じ時代同じ江戸だからあり得ないわけじゃないけど、がっつり会話が成立しちゃうとモヤモヤが。ニヤミスならニヤニヤで終わったのに。
    このシリーズは大きな謎解きとかシリーズ通しての目標がないから誰かを去らせてリセットするしかないんだろうなぁ。お才は既定路線だけど清十郎が浪人になってまで追いかけていくのはどうだろう…。忠臣はどこへ?(笑)

  • 同著者別シリーズの、“あの人”が登場して、ニヤついてしまいました。
    そして、お才と清十郎が旅立ってしまい、寂しい限りです。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1961年、大阪市出身。立命館大学卒業。松竹株式会社入社後、新作歌舞伎脚本懸賞に入選。1986年、南座「新必殺仕事人 女因幡小僧」で脚本家デビュー。その後フリーとなり、「水戸黄門」などの時代劇脚本を執筆。現在も舞台作品の脚本、演出を数多く手がけている。2010年、『取次屋栄三』で小説家デビュー。著書に「新・剣客太平記」「居酒屋お夏」シリーズ、『花のこみち‐戦国絵巻純情派』などがある。

「2018年 『恋道行〈二〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本さとるの作品

ツイートする