史記武帝紀(文庫判完結全7巻セット) (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.31
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784758438193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021.6.25 読了
     前漢の時代、武帝・劉徹の一代記にして漢と匈奴との戦いの歴史が綴られる。衛青と霍去病という天才武将を得て前半生で匈奴を圧倒するが、匈奴軍の武将・頭屠の出現により大敗を喫する後半生、誠に波乱万丈の物語だ。名将・李広の孫にして衛青が才を認めた李陵、劉徹との確執で匈奴への降将になる。北方謙三 は中島敦「李陵」に感銘を受けて本書を書いたという。中島 版「李陵」を読みたくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で菊池寛賞を受賞した。

「2019年 『魂の沃野(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
真藤 順丈
司馬遼太郎
村田 沙耶香
恩田 陸
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×