デッドエンド ボディーガード工藤兵悟4 (ハルキ文庫 こ 3-39 ボディーガード工藤兵悟 4)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.53
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 58
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/1/16 Amazonより届く。

  • ボディガード工藤兵悟が主人公。読んでないのにシリーズだったみたい(T_T)またやっちゃった。早急に前作読みたいです。

    そんなことよりヴィクトルですよ。まさかここで繋がっていて会えるなんて!!!ヴィクトル素敵すぎ。

  • 前作、前々作とは打って変わって、お腹いっぱいになりました。
    まさかあの人が出てくるとは…。

  • 2014/07/11 購入。随分古いシリーズのはずだし、4巻目から読むのも何ですけど。今野敏なら無条件に買ってた時期もあったが本当に久しぶり。

  • 3巻以来、十数年ぶりの復活だそうで。

    主人公はロシアで大活躍。
    こんなキャラだったかなー。忘れたなー。

    可もなく不可もなし、といった内容でありました。

  • 小気味好いテンポで面白かった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

今野 敏(こんの びん)
1955年北海道三笠市生まれ。上智大学文学部新聞学科在学中、「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。大学卒業後、東芝EMI入社。ディレクターと宣伝を勤める。主な担当は、TMネットワークの前進バンド『スピードウエイ』。宣伝では、オフコース、甲斐バンド、チューリップなどニューミュージックを担当。1981年、同社を退社、作家に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。2008年『果断 隠蔽捜査2』で、第21回山本周五郎賞、第70回推理作家協会賞を受賞。
2018年は「作家生活40年」のメモリアルイヤーで多くの特集が組まれている。2018年7月、任侠シリーズ最新刊『任侠浴場』を刊行。

今野敏の作品

ツイートする