紙の月 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.63
  • (221)
  • (569)
  • (505)
  • (96)
  • (16)
本棚登録 : 4159
レビュー : 583
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438452

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人のお金を湯水のように使っていく様は共感できなかったけど、なぜか気持ちがわかる部分もある。

    宮沢りえさんが演じた映画も見てみたい。

  • 辛かった。
    読み進めていくのが辛すぎた。
    だってどんどん沼にハマってどんどん堕ちていくんだもん。
    全ての人の話が。

    お金って怖いな。
    親からちゃんとお金は借りてはいけないってきつく言われて育ったから自分は大丈夫って思ってるけど、一度タガが外れたらちょっとくらいなら。。って思いそうで自分のことのようで、すごく辛かった。

    あの時代のクレジットはほんとヤバいね。
    火車も同じような感じの内容だった気がするな。
    この手の本は楽しめない。
    でも、親は好きみたいでこの本、本棚に2冊もあったわ(笑)

  • ゾクゾクしました!
    自業自得なはずなのに、梨花も亜紀も少し可哀想に思ってしまう。
    光太をひどいと思う。でも光太も悪いわけではなく、梨花が勝手にお金を遣っていただけ…。
    難しい。
    信じてお金託したのに遣われてしまった年配たちも、何だか全員可哀想。
    悲しいお話でした。

  • やっぱり有り余るほどのお金が欲しい。貧乏人はいつもそう思う。

  • 読んでいて本当に悲しくなるというか、気持ちが重くなった。
    自分には共感できないが、こういう悲しさは女性ならではの描写だなぁと思う。

  • Twitterで見かけて読んでみた。最初に集金したお金からちょっとお金を借りたことが転落の契機となった。こうやって転落するのだとしたら怖いな。

  • お金はきっと どれだけあっても満足できないものなのかもしれないですね

    あれば あれだけつかってしまう それが自分のお金じゃないとなると余計なのかも

    お金によって 特別になれるってのは 勘違いで それに 気づけないのは悲しいね

  • ほとんど宮沢りえのイメージと重ねて一気に読んだ。角田さんの本は、女の思い込みや闇がスゴイ。でも開拓者はやはり男なのか?

  • 小さな穴を埋めたかった、ただそれだけのはずなのに。

  • 2018/11/17読了。

    銀行のお金を横領した女性の話。

    梨花の他に学生時代のクラスメイトのパートがあるが、それぞれが梨花の抱えていた問題と同じような問題を抱えており、梨花の顛末というのは案外誰でも可能性を秘めているということなのかな、と感じた。

    それは学生時代のチャリティ活動の下りから取れる「ハマったら一直線」という性格や、育ち、配偶者や勤め先の状況がどうにか偶然が重なり無尽蔵にお金が出てくると勘違いするに至った。

    最初は質素な暮らしに喜びを見出そうとしていた梨花だが、贅沢三昧を味わい、その果てに「むしろ質素な状況を求める」という皮肉も読み取れた。
    光太と花火越しに見た月、正文と見た月、いずれも質素を求めた時に現れており、それが叶わぬというところを紙ペラの月と銘打ったのかなと思った。

    また、正文や光太が、与えられることに慣れる描写があったが、やはりこれも物質主義へのアンチテーゼなのかな。

全583件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

紙の月 (ハルキ文庫)のその他の作品

紙の月 単行本 紙の月 角田光代

角田光代の作品

ツイートする