指切り 立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-27 時代小説文庫)

著者 : 今井絵美子
  • 角川春樹事務所 (2014年10月15日発売)
3.48
  • (3)
  • (5)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 51人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438506

作品紹介

立場茶屋おりきの常連客・吉野屋幸右衛門は、三十年ぶりに腹違いの弟・勝彦と深川で再会を果たした。しかしながら、勝彦は肝の臓を病み死の床についていた。素庵の診療所に通いながら必死に看病する幸右衛門。そんな彼を「おりき」では身体に優しく美味しい料理などであたたかくもてなすのだが…(「掌の月」より)。他に「指切り」「紅葉の舟」「冬惑ひ」の全四篇を収録。悲しみを背負った人々を、深い愛情で温かく包みこむおりきが大活躍する、大人気書き下ろしシリーズ第十九弾、ますます絶好調。

指切り 立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-27 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.7.6

  • 立場茶屋おりき
    かかわる人が全て長い付き合いになるな
    登場人物が多くて色んな人生悲喜こもごもで
    満腹の一冊です

  • 第十九弾
    短編四話構成だが二話は区切りがついた感じだが残り二話は今後の展開に目が離せない?

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    立場茶屋おりきの常連客・吉野屋幸右衛門は、三十年ぶりに腹違いの弟・勝彦と深川で再会を果たした。しかしながら、勝彦は肝の臓を病み死の床についていた。素庵の診療所に通いながら必死に看病する幸右衛門。そんな彼を「おりき」では身体に優しく美味しい料理などであたたかくもてなすのだが…(「掌の月」より)。他に「指切り」「紅葉の舟」「冬惑ひ」の全四篇を収録。悲しみを背負った人々を、深い愛情で温かく包みこむおりきが大活躍する、大人気書き下ろしシリーズ第十九弾、ますます絶好調。

    4月28日~30日

全4件中 1 - 4件を表示

今井絵美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

指切り 立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-27 時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする