銭の戦争 第七巻 紐育の怪物たち (ハルキ文庫 は 11-7)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.27
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438650

作品紹介・あらすじ

冷徹な相場師としての自分が、岩本栄之助を死においやったことが狂介の心の滓になっていた。そんな中、米国の世界大戦への参戦により、米国相場は大きくなると予想した狂介はニューヨークへ向かう。その隙を狙って、兜町で闇の傀儡・守秋は日本郵船株をめぐる新たな仕掛けを画策し、日本の財界・政界を巻き込む大騒動を仕掛ける準備を整えていた…。血で血を洗う激動の戦いのなかで天才相場師・狂介は何を思うのか-?大好評シリーズ第七弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冷徹な相場師としての自分が、岩本栄之助を死においやったことが狂介の心の滓になっていた。
    そんな中、米国の世界大戦への参戦により、米国相場は大きくなると予想した狂介はニューヨークへ向かう。
    その隙を狙って、兜町で闇の傀儡・守秋は日本郵船株をめぐる新たな仕掛けを画策し、日本の財界・政界を巻き込む大騒動を仕掛ける準備を整えていた……
    血で血を洗う激動の戦いのなかで天才相場師・狂介は何を思うのか――? 
    シリーズ第七弾。

  • 舞台はニューヨークに。役者が揃いつつあります。

  • 面白かった!大きな動きはなく助走と言った感じ。次が楽しみだ。

  • 安定した面白さのシリーズだ。
    ただ大分フィクションの部分が目立つ様になってきたのは
    気になるところだ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年、大阪府生まれ。一橋大学法学部卒業後、国内外の金融機関でファンド・マネージャーとして活躍する。著書に、TVドラマ化もされた『メガバンク最終決戦』、『メガバンク絶体絶命』『銭の戦争』シリーズ、『悪魔の封印 眠る株券』『本屋稼業』などがある。現在、Forbes JAPANにて「バタフライ・ ドクトリン -胡蝶の夢-」を好評連載中。

「2017年 『花精の舞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

波多野聖の作品

ツイートする