スクープを狙え! 中央新聞坂巻班 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.18
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438698

作品紹介・あらすじ

入社五年目の新聞記者・上原千穂。彼氏なし。でもいつか、結婚や子育てもしてみたい。そう思って生活情報部に異動してきたのに、配属は新設のニュース出稿班。理不尽なキャップに怒鳴られ、他部署と衝突しながらスクープを探す毎日だ。周りには、鉄の女と呼ばれる筆頭デスク、八方美人のやり手上司、入院中も楽しそうに原稿のことばかり考える先輩記者…ツワモノばかり。自分はどんな道を進むべきかもがく千穂は!?明日も頑張る元気が湧いてくる、お仕事小説シリーズ第二作目!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルに「坂巻班」とあるけれど、主人公は坂巻記者ではなく、坂巻をキャップに持つ上原記者。生活情報部なんだけど社会部のニュースを追っているような取材にあれ?でもこれはシリーズ2作目で、無茶ぶりキャップにも慣れてきたし、めちゃくちゃ言ってるようなキャップの言動にも納得できることが増えてきて。自分の取材方法などにも1つ1つ記者としての姿勢の持ち方を気づかされ成長している。主人公の成長とは別に、取材内容も複数あるけれど、1冊で1つの内容をもっと掘り下げてもよかったかもね。せっかく文化面でじっくりネタを追いかけるスタイルも模索していることだし(^^; 特にWMをめぐる問題に注目してあれこれ風呂敷広げようという兆しがあったのに、1つの事例で終わってしまったというところから気になってしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

仙川 環(せんかわ たまき)
1968年、東京生まれ。大阪大学大学院医学系研究科修士課程修了。1993年に日本経済新聞記者となり、医療技術、介護、科学技術の分野を担当しながら小説を執筆。2002年に『感染』で、第一回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。
代表作にテレビドラマ化された『終の棲家』。

仙川環の作品

ツイートする