虹の別れ―同心七之助ふたり捕物帳 (ハルキ文庫)

著者 : 芦川淳一
  • 角川春樹事務所 (2015年4月11日発売)
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438872

作品紹介

火事に見舞われて死んでしまった春吉は、妹のおはなが気掛かりで成仏できないでいた。妹が奉公先の若旦那に悪さをされそうだからだ。事情を知った同じ幽霊の志保は、弟の定町廻り同心樫原七之助に、おはなを助けるように頼むのだが…(「雲雀鳴く」)。新月の深夜、組屋敷への帰り道で七之助は黒ずくめの一団に襲われる。志保の協力でかろうじて退けるが、彼らの目的は七之助が検死した死体の印篭に隠された文だった。それはある藩の行く末を左右するのだが…(「紫陽花の庭」)。独り立ちした若き同心の活躍に、姉の霊はついに成仏できるか。人気シリーズいよいよ完結!

虹の別れ―同心七之助ふたり捕物帳 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同心樫原七之助21歳と弟が心配で成仏できず幽霊となって弟を助ける姉の志保の物語。芦川淳一さんの同心七之助ふたり捕物帳シリーズ、「姉は幽霊」「お助け幽霊」「迷い路」「花かんざし」に次ぐ第5巻「虹の別れ」、いよいよ完結、姉と弟の別れです!

  • お姉さん、今度はいい人生だといいな。

全2件中 1 - 2件を表示

芦川淳一の作品

虹の別れ―同心七之助ふたり捕物帳 (ハルキ文庫)はこんな本です

虹の別れ―同心七之助ふたり捕物帳 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする