銭の戦争 第八巻 欧州の金鉱 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.22
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438988

作品紹介・あらすじ

一九一九年、天才相場師・狂介は欧州で世界大戦の敗戦国であるドイツの惨状を知る。イギリス・フランスと回り、大戦からの復興が産業に急速な発展をもたらしていると肌で感じた狂介は、次の世界経済、相場の変化を先取りすべく分析対象の的を米国に絞った。米国を支配する最強の怪物・ホルムズと対峙するには準備が必要だと考え、日本の戦後復興景気相場をものにしようと帰国した狂介。そこに日本を大混乱に陥れようと企む、闇の帝王・結城の魔の手が伸びる…。大好評シリーズ第八弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一九一九年、天才相場師・狂介は欧州で世界大戦の敗戦国であるドイツの惨状を知る。
    イギリス・フランスと回り、大戦からの復興が産業に急速な発展をもたらしていると肌で感じた狂介は、次の世界経済、相場の変化を先取りすべく分析対象の的を米国に絞った。
    米国を支配する最強の怪物・ホルムズと対峙するには準備が必要だと考え、日本の戦後復興景気相場をものにしようと帰国した狂介。そこに日本を大混乱に陥れようと企む、闇の帝王・結城の魔の手が伸びる……
    シリーズ第八弾。

  • クライマックスに向けた伏線が敷かれつつある印象ですが、このあたりから少し膨らませ過ぎた感が出てきました。

  • 動きが多かった巻。話がまとまってきた気がします。

  • 第八巻となり読み慣れてきたせいか、面白さが薄らいできた感じがする。
    フィクションだから仕方ないのだが、第三巻目あたりまでは
    リアルな面白さがあった。闇の組織が出てきた頃から作風が変わってきた。時代を背景とした経済小説から少しズレてきた。今後が面白いのか否かと言う所だ。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1959年、大阪府生まれ。一橋大学法学部卒業後、国内外の金融機関でファンド・マネージャーとして活躍する。著書に、TVドラマ化もされた『メガバンク最終決戦』、『メガバンク絶体絶命』『銭の戦争』シリーズ、『悪魔の封印 眠る株券』『本屋稼業』などがある。現在、Forbes JAPANにて「バタフライ・ ドクトリン -胡蝶の夢-」を好評連載中。

「2017年 『花精の舞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

波多野聖の作品

ツイートする