ヒーローインタビュー (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.84
  • (9)
  • (15)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439091

作品紹介・あらすじ

仁藤全。高校で四二本塁打を放ち、阪神タイガースに八位指名で入団。強打者として期待されたものの伸び悩み、十年間で一七一試合に出場、通算打率二割六分七厘の八本塁打に終わる。もとより、ヒーローインタビューを受けたことはない。しかし、ある者たちにとって、彼はまぎれもなく英雄だった-。「さわや書店年間おすすめランキング二〇一三」文藝部門第一位に選ばれるなど、書店員の絶大な支持を得た感動の人間ドラマが、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 阪神ファンやから

  • 高校で42本塁打を放ち阪神タイガースに入団も伸び悩む強打者・仁藤。2010年のペナントレースを重ね合わせた野球小説。仁藤を巡る様々な人々へのインタビューで進む展開はノンフィクションのようなリアリティを生んでいる。‬

  • 阪神タイガース仁藤全。

    もちろん架空の選手なのだが、まわりにはそれとわかる実在選手が沢山いる。

    学生時代からの彼を取り巻く人々のインタビューの形式で彼を描き出す、よくある手法。

    ひねりと奥行きが少ないストーリーが残念。
    スポーツものと思って読まない方が良い。

  • てっきり真田広之と鈴木保奈美共演の同名映画の原作だと思い込んでいました。1994年の映画でしたから、かれこれ20年以上前のこと。そちらはヤクルトスワローズの選手という設定でしたが、こちらはまったく別物の阪神タイガースの選手という設定。阪神ファンならまちがいなく笑います泣きます。

    主人公は2001年から2010年まで阪神タイガースに野手として在籍していたという仁藤全(アキラ)。一軍で活躍することはほとんどなく、「二軍の帝王」と呼ばれたまま退団。ヒーローインタビューを受けたことなどないけれど、一部の人の心に強烈な印象を残した選手。彼とつきあいのあった人物が彼について語るという形式が取られています。

    主人公こそ架空の人物ではありますが、野球関係のほとんどの登場人物が実在し、笑える仮名となっています。真弓は阿弓、桧山は絵山、山本昌は山村昌、岩瀬や岩背というように。2010年のプロ野球シーズンを知っている人なら興奮度倍増。著者はプロ野球にまったく知識も興味もないのに、『泣いたらアカンで通天閣』を書いたのちに会った出版社の社長から「阪神の代打男の話なんてどう?」と無茶ぶりをされたそうです。断れば女がすたると本作を書いたというのですから驚き。

    阪神ファンにとっては宝物のような本かと。病院の入院患者がテレビの前に集まってワーワー言いながら試合観戦する様子、みんなが監督で、DNAに「阪神」が組み込まれた阪神ファン。終盤には当時の中継を再現するかのような世界の盗塁王・福本の名(迷)言も出てきます。泣かずにはいられません。

    借りた本だったのですが、これは永久保存版にするために購入します。

  • 阪神の代打男のはなし

  • 2016.5.5
    読み終わった後あったかい気持ちになる小説やった。阪神タイガースに入団した仁藤全。彼自身が語るのではなく、彼を知る人物たちにある人物がインタビューをしていく形で綴られている。
    人にはそれぞれの人生がある、当たり前のことやけど、それをじっくり感じられるストーリーでした。

  • 架空の仁藤という人物を中心にプロ野球というものを捉えていました。阪神ファンだけではなく、プロ野球ファンへおすすめできる本です!

  • 今年のタイガースは金谷、もとい金本が監督になって変わるかなぁ。。。
    関西に住んでいれば、TVはニュースでもバラエティーでも取り上げるのはタイガースばかりなので、自然と親しみも湧こうというもの。
    毎年、今の時期は今年こそはの優勝を期待されながら、シーズン終盤にはダメ虎と嘆かれる。関西人の気持ちを弄びながら、そのダメさ故にか愛され続ける稀有な球団、阪神タイガース。
    そのタイガースに10年間在籍し、主に二軍で燻り続けた未完の大砲、仁藤全。
    彼に関わった人5人(全に惚れられた理髪師の女性、全をタイガースへ引っ張った老スコアラー、同期入団の主力投手、ライバルチームのベテラン投手、高校での野球部仲間)に対するインタビューで彼と彼らの人生を浮き彫りにしたお話。
    2010年に本当にあったシーズンの展開に、フィクションを織り交ぜて進む話は確かな臨場感。それぞれの人生が全の存在を仲立ちに交錯し、2010年9月30日の試合に一旦収斂し、また拡散する。
    タイガースとそのファンの愛すべきダメダメ振りを十分に描きながら、全だけでなく、語る人たちそれぞれの人生がそれぞれに切ない。
    先日、山本昌が1日限りの契約で最後のマウンドに上ったニュースがあったけれど、彼を彷彿とさせるベテラン投手がなかなか良い味。
    タイガースの今年の躍進も願い★の数は大甘にて。

  • 期待されながらも活躍できなかったプロ野球選手仁藤全。
    結果的に最後のシーズンとなる1年での記憶に残るプレーまでの軌跡。
    全ての人には残らなくても、関わった人達には強烈な記憶となるプレー。記憶に残るようなことが出来るって素晴らしいな。
    何気に阪神ファンの気持ちも描かれていたような…。

  • 高校時代通算42本塁打を放ち、阪神にドラフト8位指名で入団した仁藤全。人のよさが幸いして、一軍半のプロ人生を送る男に起こった史上最大の奇跡を目撃した女性理容師、スカウト、後輩のドラ1投手、中日のベテラン投手、高校時代の同僚たちが語る仁藤全という男の存在は、まさにヒーローだった。
    偉大な記録を残した者や、勝負を決める活躍をしたものだけがヒーローではない。その存在を語ることに、幸福感を覚えることが「ヒーロー」の本質ではないだろうか。本書のタイトルの意味は、『私の中のヒーローのことを語るインタビュー』である。

全15件中 1 - 10件を表示

ヒーローインタビュー (ハルキ文庫)のその他の作品

ヒーローインタビュー 単行本 ヒーローインタビュー 坂井希久子

坂井希久子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒーローインタビュー (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする