冒険王〈3〉旅順の謎 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439428

作品紹介・あらすじ

元陸軍中尉・志村一心が間諜となって六年。一八九一年、日清戦争で日本が新たに領有した遼東半島の旅順港が、ロシアの手に渡り、アジア侵略の大要塞となっていた。いずれ日本の安全さえも脅かされることになると危惧した日本政府は、旅順要塞の全貌を探り出してほしいと一心に命じる。そして日本が密かに同盟を結ぶべく交渉中のイギリスへ、その情報を運ぶ任務も課すのだった。ロシアの秘密警察「オフラーナ」によって張り巡らされた数々の罠。一心は、失態を犯し間諜としての役目を解かれる窮地に。汚名返上なるか?!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/9/15 楽天ブックスより購入。

  • もういいや。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1961年、東京都生まれ。立教大学卒業後、ドイツに留学。帰国後、大学講師として教鞭をとるかたわら、1998年に『魔大陸の鷹』でデビュー。その面白さに、田中芳樹氏、荒俣宏氏らがお墨付きを与えた。近著に『氷海のウラヌス』『書物審問』『天皇の代理人(エージェント)』などがある。

「2013年 『書物奏鳴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤城毅の作品

冒険王〈3〉旅順の謎 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする