スープのささやき―ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.25
  • (2)
  • (6)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 98
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439435

作品紹介・あらすじ

かつてドヤ街と呼ばれた日雇い労働者の町は、いまや安宿とバックパッカーの町。そんな東京山谷で千花が暮らすようになって半年。しっかり者の翔太と自由すぎるオーナーがふたりで経営するゲストハウス「わすれな荘」に、新たな宿泊者(ゲスト)がやって来た。スペイン人のバネッサは、忘れられない恋を胸にここを訪れたというが-。初恋の記憶、故郷への思い…大切なものがあるからこそ、落ち込むこともあるけれど。優しいスープが心にしみる、とびきり愛しい連作集。オリジナルレシピ付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山谷のゲストハウスわすれな荘での想いとスープの話。

  • ゲストハウスわすれな荘の第2弾。4皿目のネパール人留学生のスディールの話と5皿目のオーナーの子供時代のドヤ街の話は切なくなりました。家族でも距離感に悩みますが、こんなふうないつでも待ってるよという場所があるだけで、大丈夫と安心できますね。食べ物の記憶というのは一番強い記憶なのかも。

  • 東京にあるドヤ街、山谷を舞台にしたゲストハウス・わすれな荘を舞台にした人情系飯テロ小説。

    前回は色んな国の料理を組み合わせながら千花の葛藤や奮闘を描いていました。
    今回も基本的にそれは変わらないのですが千花の奮闘も葛藤も落ち着いている感じがします。
    わすれな荘と仕事に根を張る覚悟ができて落ち着いているからかな?
    でも出版社の男はヒドイ。

    そして飯テロ部分はスープ。
    私、スープものが好きだからどの料理も食べてみたくなりました♪

    最後の橋島さんの話は悲しいやら寂しいやらだったなぁ。
    職場が西成にあるから雰囲気はわかるのでなおさら。
    女の人、どこに行ったんだろう・・・。

  • わすれな荘に暮らす色々な人にスポットを当てた内容。
    出てくる料理は国際色豊か。自分で作るのはハードル高いかなと思いましたが、誰かのために作られる料理はおいしそうです。
    バネッサの勢いが魅力的。

  • 前作では山谷を舞台にする理由がよく分からないという感想を書きましたが、今作では割と山谷ならではのエビソードも入ってますね。千花と翔太がくっつくわけではないのね。

  • ゲストハウスわすれな荘、第二弾。
    ラテン系、恋する乙女の猛烈アタックに、読むこちらも疲れ気味…
    しかし、しっかり根を張ってきた感のある、千花や留学生たちに心和む。
    そして…
    いつも仕事を翔太に任せきりにして飲み歩いている、オーナー橋島にも、意外な思いが…
    戦後の日本の高度成長の陰に、使い捨てられた労働者たちが大勢いたことを、押しつけがましくない筆致で綴られているのも良かった。

  • 今回は各話スープがメイン。最後の話はとてもせつなくてよかった。全体を通しては1巻のスピンオフみたいな感じ。

  • 図書館から。
    最初、スープの物語だと思ったのですが全然違いました。
    食べ物を絡ませた人情話でしたね。
    何となく普通に思えました。

  • 今回も有間先生のイイところ抽出しまくって煮込みました!おあがりよ!(CV松岡禎丞)って感じだったな・・・飯テロ小説だし。
    千花ちゃんがなんだか自分のイラストの方向性みたいの見つけてたし、翔太さんには小さな恋のメロディが聞こえてきそうだしで、今回も盛り沢山だった。
    橋島さんの過去エピソード切ない有間先生だったな・・・。

  • 夢見るレシピの続編。この巻でも美味しそうな料理がたくさん登場する。
    主人公が自身の夢に向かって大きな一歩を踏み出し、つい応援してしまった。
    ゲストハウスのオーナー代理に会うために海の向こうからやってきた女の子が強烈。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。『太陽のあくび』でメディアワークス文庫賞を受賞し、デビュー。他の著作に『サムシング・フォー ~4人の花嫁、4つの謎~』『魔法使いのハーブティー』などがある。

「2018年 『アルケミストの不思議な家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有間カオルの作品

ツイートする