円朝なぞ解きばなし (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439480

作品紹介・あらすじ

当代きっての人気噺家・三遊亭円朝。芸も見事だが、美丈夫で、江戸の町の女性たちもこぞって寄席に押しかけていた。独身の円朝は、亡き円正師匠の家族の面倒を陰ながら見ていたが、そんなある日、師匠の幽霊が巷を騒がしているという噂を耳にした。同じ頃、師匠の家の蔵に謎の人物が間借りを始めた。円朝は二つの出来事の真相を追いかけるが…。円朝の芸に対するひたむきさと秘められた恋情、そして、周りの人々の濃やかな心の機微を描く傑作時代事件帖、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20161119 目新しいので借りてみた。全体的にストーリーについていけない感じがした。もう少し纏められたのではないだろうか。

  • 時代物。
    人気噺家の三遊亭円朝の短編連作。
    江戸の町で起こる、ちょっとした事件から大きな事件まで円朝が謎解きしていく話。
    自分の師匠や同じ弟子たちが絡んだ話が多い。

  • ミステリとしてはちょっと弱いけど、安定して面白い。堪能しました。

  • 2008年7月刊行の「噺まみれ 三楽亭仙朝」を改題の上、加筆修正し2015年9月文庫刊。3編の連作短編。円朝の人情話となぞ解きの折り合いに違和感を覚えます。不思議な世界に仕上がってます。

  • 静かな面白さ、というのでしょうか。この上なく面白く読み終えました。登場人物の誰かに、ギューッと焦点が当たるわけではないけれど、じわりじわりと人間性が書き込まれていく快さ、でしょうか。
    ストーリーは、こういう展開だとこうなりそうな……という方向に進んでいく、という感じもするんですが、それも、期待を裏切らない、ということもできるのだろうと思います。
    円朝をめぐる人間関係の面白さが、全体を引っ張っていく感じでした。人物造形が巧みなんだろうな、というのが一番大きな感想です。
    もし、次作があるなら、栄朝に活躍してほしいな。

  • うーん、最後まで犯人が分からなかった^^;
    うまいことなぞ解きにはまってしまった

  • 実在の大噺家 三遊亭円朝をモデルにした謎解き小説。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

作家

和田はつ子の作品

ツイートする