一流の客―立場茶屋おりき (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439503

作品紹介・あらすじ

芸者の幾富士が、呉服屋「京藤」たっての希望で、身体の不自由な京藤の一人息子・伊織の世話をするようになって早八ヶ月近く。白金の寮で、可憐な花たちに囲まれておだやかな日々を過ごす二人のもとに、ある日、伊織の母・芳野が訪ねて来て…(「名残の扇」)。他に、謎のお客からの予約に、立場茶屋おりきで起きた騒ぎの顛末を描いた「一流の客」を含めた全四篇を収録。あつい真心にあふれる立場茶屋おりきを舞台に、品川宿に生きる人びとの情と絆をこまやかに綴る大人気シリーズ、感動の第二十二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸言葉には慣れているはずでした。分からない言葉が目白押し・・てんごう、まじくじ、ちょうらかし、やっとう、吝、糊口・・書ききれない言葉との出会いを愉快に思いながら読み進めました。

    シリーズ本を読んでいないので、立場茶屋の格が一流の客相手であり一見さんお断りと聞いても目には浮かばずじまいでした。
    もっと読み込んでいかなくては^^

  • 2016.7.9

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    芸者の幾富士が、呉服屋「京藤」たっての希望で、身体の不自由な京藤の一人息子・伊織の世話をするようになって早八ヶ月近く。白金の寮で、可憐な花たちに囲まれておだやかな日々を過ごす二人のもとに、ある日、伊織の母・芳野が訪ねて来て…(「名残の扇」)。他に、謎のお客からの予約に、立場茶屋おりきで起きた騒ぎの顛末を描いた「一流の客」を含めた全四篇を収録。あつい真心にあふれる立場茶屋おりきを舞台に、品川宿に生きる人びとの情と絆をこまやかに綴る大人気シリーズ、感動の第二十二弾。

    平成28年5月16日~22日

  • 第二十二弾、四話の話を絡めながらストーリーが展開
    今回のメインはおりきと巳之吉との確認、そしてそれぞれ周りの人達の幸せ

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1945年広島県生まれ。成城大学文芸学部卒業後、画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動に入る。2003年「小日向源伍の終わらない夏」で第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。主なシリーズに「立場茶屋おりき」シリーズ、「照降町自身番書役日誌」シリーズなどがある。15年「立場茶屋おりき」シリーズで第四回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。

「2017年 『残りの秋 髪ゆい猫字屋繁盛記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今井絵美子の作品

ツイートする