店仕舞い 鎌倉河岸捕物控(二十七の巻)

著者 : 佐伯泰英
  • 角川春樹事務所 (2015年11月14日発売)
3.50
  • (5)
  • (13)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :112
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439565

作品紹介

豊島屋の隠居・清蔵が金座裏に姿を見せた。「倅に十代目を継がせたいので、後見方をお願いしたい」という。一方その頃、町廻りに出ていた政次らは、加賀金沢藩御用達箔屋の岩鞍屋が店を閉じる旨の張り紙をしていることに不審を抱く。堅実な商いの大店に、一体何が起こったのか!?金座裏と北町奉行所定廻りの同心の寺坂らが、江戸の平和のために命を賭ける。大ベストセラーシリーズ、鎌倉河岸捕物控、熱望の第二十七弾。

店仕舞い 鎌倉河岸捕物控(二十七の巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20160601 久しぶりに読んだがどうも比較してしまう。イマイチ話に重みがないように感じてしまう。短編の積み上げの方を期待したい。

  • 鎌倉河岸捕物控シリーズも もう、27巻!
    それでいて、読みだしたら、終わらない!
    一気に読んでしまいたくなる。

    今回は、加賀金沢藩御用達箔屋の岩鞍屋が、店仕舞いの張り紙を見た政次達が、不審に思い、探索して行く!
    商売での詐欺まがいに引っ掛かり、金子は、取られ、妻の両親も自殺に、したてられて、主は、拉致、拷問で、殺され
    てしまうのである。

    主人のむごい死と、子供達が誘拐されて、監禁されるのだが、、、、亮吉も、一緒に監禁されてしまう。

    宗五郎と、政次達は、加賀藩八家年寄 長俊次氏と、一緒に、悪を成敗するのである。

    毎回、あっと、言う間に読んでしまう。
    さてさて、次は、「新酔いどれ小籐次」を、楽しみに、読もうかな?

  • 第二十七弾
    一寸したことからある店仕舞いから事件の匂いを
    加賀藩を巻き込む陰謀を陰で処理?

  •  加賀金沢藩御用達箔屋店仕舞いの一件は、背後に隠されている大事件が表側に現れてきた兆しだった。詐欺、乗っ取り、誘拐、恐喝、横領の幾つかの事件を掘り起こしていく様子は、緊迫感もあり、なかなか読み応えがある。政次の剣での活躍も嬉しい限りである。

  • 金座裏の宗五郎には、色んな顔がある。

  • 相変わらず がーっと 読めるお話ではあるんだけども
    豊島屋のご隠居の若い頃の云々って
    後付け設定?? と思った
    もし後付けでなかったら、前の浮気騒動の時に触れるよね
    後は、時代考証の甘さについては、他所でがっつり書いてる人がいるので。
    (そうだよね。赤門なかったよね当時)

  • 老舗大店の乗っ取り詐欺、大大名家のお家騒動、誘拐拷問殺人と、久しぶりにスケールの大きな?事件。大名家がからむとなんでも闇に葬る解決策になっちゃうからそうそう何度も使えないのだろうけど。それにしても、金座裏のご威光ときたら、どんどんインフレ起こしてないか。どんな大名家とも付き合いがあってフリーパス、もはや水戸の御老公レベル(笑)

  • 鎌倉河岸捕物控の27~豊島屋の隠居が倅に十代目を継がせたいと行ってきた。町廻りに出ていた政次が,加賀金沢藩御用達箔屋の岩鞍屋の店仕舞いの張り紙に不審を抱く。今日の食費にも困り果て,子供3人が奥の実家に預けられたという。赤坂に行こうとすると地回りが老夫婦が首を吊った弔いの帰りだという。懐に子供の着物の血塗られた袖が入っていたという。岩鞍屋に潜り込むと,内儀は両親が死んだことを知らず,番頭は長男の俊太郎が引っ掛かった女に唆され,加賀の澄屋を乗っ取りを仕掛けて失敗したらしい。やがて拷問の末に堀に沈められた主の骸が揚がる。亮吉は深川の箔屋の作業場を思い出し,加賀前田藩の上屋敷を訪れた帰りに宋吾郎が襲わった相手を追った政次が深川の抱え屋敷を突き止める…~金箔作りの蘊蓄が煩くて…。豊島屋の話がどうでもいい話だし…

  • 何気ない事件が発端でした
    残虐な様相にアンタッチャブルな旗本の暗躍
    まさかの加賀前田家を巻き込む大事件

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    豊島屋の隠居・清蔵が金座裏に姿を見せた。「倅に十代目を継がせたいので、後見方をお願いしたい」という。一方その頃、町廻りに出ていた政次らは、加賀金沢藩御用達箔屋の岩鞍屋が店を閉じる旨の張り紙をしていることに不審を抱く。堅実な商いの大店に、一体何が起こったのか!?金座裏と北町奉行所定廻りの同心の寺坂らが、江戸の平和のために命を賭ける。大ベストセラーシリーズ、鎌倉河岸捕物控、熱望の第二十七弾。

    27年12月7日~9日

全13件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

店仕舞い 鎌倉河岸捕物控(二十七の巻)はこんな本です

ツイートする