オムライス日和 BAR追分 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.77
  • (32)
  • (92)
  • (73)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 561
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439732

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BAR追分シリーズの第2弾。
    やっぱり読んでいてとてもお腹が空く小説。グルメ小説なのですが内容もしっかりしていると思います。
    それにしても料理の描写が凄くて味や匂いを実際感じている様でした!

  • 昼はバールで夜はバー。
    居心地が良すぎて思わず長居してしまいそうな「BAR追分」の第2弾。

    相変わらずモモちゃんお手製の料理は美味しそう。
    今回はオムライスと自家製パスタを、各々3種類のソースから選ぶようになっていた…そんなの私には選べない!
    出来れば量は少な目でいいから3種類全て食べたい‼という我が儘をつい言いたくなる位「バール追分」の料理は美味しそう。

    今回は「ねこみち横丁」の若者チームの悩みを中心に物語が進んだけれど、個人的には「森の鍼灸院」の頼子先生の大人の女性ならではの悩みに共感した。
    こんな素敵な店が近所にあったらなー!
    居着いてしまいそう。
    第3弾ももちろん楽しみ。

  • 何か特別な出来事が起こるわけでもない、単なる二毛作の飲食店を舞台にした日常を描いているだけなのに、とても清々しく優しい気持ちになれる不思議な魅力の作品です。
    桃子さんの持つ癒しの雰囲気と料理のおかげかな。

  • BAR追分の第2弾。宇藤くんがエッセイを書くようになる。今回は宇藤くん、桃子、純の3人が主役かな?
    周りの人達との関わり合いも面白いし、なにより宇藤くんの成長ぶりが良かった!

  • 2019/6/25
    BAR追分続編。
    ずっとここにいたくなる居心地の良さ。
    宇藤くん好感しかない。
    なんかホント上っ面だけ取り繕って無難にやり過ごして生きてるわが身がもどかしい。
    ぶつかり合わなくったって深い関わりは築けるやんね。
    怖いのかなぁ。
    私が自分でやるべきことを全部フィクションに依存してる気がする…

  • 宇藤さんや純くんの過去がチラリ。

    桃子さんが作る料理はもちろんのこと、久保田先生が作った生姜焼きが美味しそうなこと・・
    宇藤さんの真似をしてご飯の上にタレたっぷりのお肉を乗せて食べる純が可愛い
    他人に関心なさそうで実はちゃんと見てるんだね

    桃子さんが作ったオムライスがとっても食べたいです・・

  • ?猫の恩返し
    ?オムライス日和
    ?ようこそ、餃子パーティへ
    ?森の隠れ家
    なんといっても?話が一番好き。思わずオムライスが食べたくなった。過去に悩む人、今まさに悩み中の人、ちょっとだけ顔を上げて歩いてみようかと思える心あたたまるストーリーがなんとも素敵!

  • いい!本当にいい!
    伊吹有喜さんの紡ぐ物語は、何か答えがあるわけではなく、答えを探している人々の日常を少し離れた暖かい目線で描いているところが、押し付けがましくなくて心地よい。そして食べ物愛が深過ぎる…四十九日のレシピも、なでしこ物語も食べ物描写が秀逸なのだ。
    それにしても桃子ちゃんのご飯、食べたい。
    オムライス、手打ちパスタ、ピンチョス…たまらん!情熱のナポリタンも早く読みたい2018.9.29

  • 2018.4.5(木) 読了 14

  • 純くんの人間らしいところが出てきて良かった。
    相変わらず美味しそうで何より(笑)。
    すっごく餃子食べたくなった。

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

伊吹有喜の作品

ツイートする