一途 新・剣客太平記(四) (ハルキ文庫 お 13-15 時代小説文庫 新・剣客太平記 4)

著者 : 岡本さとる
  • 角川春樹事務所 (2016年4月13日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439879

一途 新・剣客太平記(四) (ハルキ文庫 お 13-15 時代小説文庫 新・剣客太平記 4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時代小説、大好きである。
    しかし、この本の作者 岡本さとる氏を、あまり知らなかったので、沢山 剣客太平記を書いているのに 拝読していなかった。

    第4弾の本を手にした時、毎度遠くにいる息子からの電話が、無かったので心配の種が、伸びていた時であった。

    主人公の直心影流の世話役の狭竜蔵(はざまりゅうぞう)の道場に内田幸之進という18歳の弟子が居るのだが、、、、
    母親千佳が、息子の事が心配でならない。
    しかし、どちらも、思いやる気持ちが、嫌みでなく上手に描かれていた。

    第2話 「剣の重荷」
    釣具屋の大浜 香具師のの元締めでもあり浜の清兵衛が、足をくじいたのを聞いて、竜蔵は、見舞いに行くのだが、、、、そこで、昔会った事のある、人斬りの五十嵐佐内に出会う事になる。
    五十嵐佐内に、生き甲斐になるものを、、、と、投網を教えたら、上手になり、芝の漁師たちとも仲良くなるだが、、、、岸井と葦原の2人から果たし状を貰う。
    五十嵐佐内に、その2人以外にも5人の浪人が現れる。
    竜蔵は、そこに現れて、剣の技がうなる。

    諦めてはならぬ。人は些細なことによって次から次へと不幸せにみまわれるが、それと同じに、ふとしたきっかけで、幸せを手に入れる事が出来ると、、、、

    第3話 「たなごころ」
    居酒屋のごんたの主人 権太は、好いたお紺の嘘と、その後ろに不良御家人に騙される所であった。
    竜蔵が、取り押さえったのだが、、、、
    権太の女房お仙は、全てお見通しだったみたいである。

    第4話 「喧嘩の友」
    竜蔵と沢村直人は、同門でありながら、剣では、争っていた仲間であるが、直人は、6年前に九州で医学の勉強をしに旅に出ていた。
    その直人が、金品強奪に殺しの罪の濡れ衣を着せられる。
    宿の女将のお滝と一緒に旅を共にしていた文之助は、グルであった。
    それを暴いた竜蔵は、ひと暴れ!
    「喧嘩の友」も、深い意味合いがあり、、、何か男の友情のようなものが、、、心地よい話であった。

  • ここのところ大変気に入っている時代小説。
    直心影流の道場主で凄腕剣客の峡竜蔵を主人公とする、単純、明快、人情的で爽やかな時代小説である。
    この巻では、ちょっと竜蔵の凄腕を見れる機会が少なかったような気がする。
    今までの巻と比較すると読後の爽快感が多少薄かった。
    しかし気持ちの良い時代小説だ!

全1件中 1 - 1件を表示

岡本さとるの作品

一途 新・剣客太平記(四) (ハルキ文庫 お 13-15 時代小説文庫 新・剣客太平記 4)はこんな本です

一途 新・剣客太平記(四) (ハルキ文庫 お 13-15 時代小説文庫 新・剣客太平記 4)を本棚に登録しているひと

ツイートする