引っ越し大名三千里 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.80
  • (29)
  • (76)
  • (47)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 492
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 引っ越し大名三千里。
    2016.05発行。字の大きさは…小。

    江戸時代に8回も国替えをさせられた大名がいたのを始めて知りました。
    それも、親藩・越前松平家がとビックリしています。
    片桐春之介が如何にして姫路(15万石)から豊後日田(7万石)へ引っ越しして行くか。
    そして、その後、出羽山形(10万石)、陸奥白河(15万石)への引っ越しを指揮して行きます。
    妻・於蘭がいいですね。
    私はこういう女性が好きです(笑)。
    なお余談ですが豊後日田というと、すぐ坂崎磐音を思います。これは、私だけですか(笑)。

    • やまさん
      淳水堂さん
      おはようございます。
      いま時代小説の文庫本は、多くのものが字が大きくなりすごく読みやすくなっています。
      そして多くの作家...
      淳水堂さん
      おはようございます。
      いま時代小説の文庫本は、多くのものが字が大きくなりすごく読みやすくなっています。
      そして多くの作家が書いてくれています。
      これも佐伯泰英さんの「居眠り磐音江戸双紙」のおかげと感謝しています。
      是非読んでください。
      やま
      2019/11/11
    • mkt99さん
      やまさん、こんにちわ!
      いつも、いいね!を押していただきありがとうございます!
      やまさん、こんにちわ!
      いつも、いいね!を押していただきありがとうございます!
      2019/11/16
    • seiyan36さん
      こんにちは。
      こちらの作品は本棚登録数が374人もいるので、調べてみました。
      この作品を原作として、今年、映画化されていたのですね
      こんにちは。
      こちらの作品は本棚登録数が374人もいるので、調べてみました。
      この作品を原作として、今年、映画化されていたのですね
      2019/11/24
  • 映画「引っ越し大名!」の原作。

    おもしろかった。

    家臣すべてが引っ越しする国替えは、1回でも大変そうなのに、生涯に7回も経験したとは!
    〈引っ越し大名〉と呼ばれた松平直矩が実在したことに、おどろき。

    最初は役立たずの春之介が、引っ越し奉行としての覚悟を決めてから豹変。

    書庫でたくわえた知恵を総動員し、やるときは徹底的にやる姿は、痛快。
    まっすぐで一生懸命な姿はすがすがしく、恋には奥手なところはほほえましい。

    反発しながらも、次第に協力していく家臣たち。
    コミカルな会話もたのしい。

    ときにじーんとしながら、最後はこころあたたまる物語。

    国替えにまつわるさまざまな作業を知ったのも、興味深かった。

  • 映画にもなった藩のお引越しのお話です。引っ越しと一言で言っても、家でなく大名の藩が一つ移動します。それを差配するのが主人公。コミカルな中にも含蓄のある示唆に富んだ言葉があり、さわやかな物語でした。映画では誰がどの役をやっているのか?大変気になります。

  • 8月最後の読了は熱かった! 徳川ご家紋の家柄なのに、時の将軍や側用人に目を付けられ、転封を余儀なくされた大名家の苦難を、ユーモラスに描く。国元の片桐が、引っ越し奉行を引き受けようが辞退しようが死を免れないと腹をくくった時から動き出す出世と恋愛が読者を惹き付ける。時代考証的にはやや無理のある台詞回しや登場人物の振舞いも、エンタメ時代小説ならありかな、と思う。『超高速参勤交代』もそうだが、史実を下敷きにしたフィクションが巧い!

  • 主人公のキャラが立っていて面白かった!

  • 図書室に引きこもってばかりいて「かたつむり」と揶揄されていた主人公。
    そんな彼は、ある日損な役回りである「引越し奉公」を押し付けられる。
    あらゆる困難が待ち受けるも、本の知識で乗り越えていくストーリー。

    藩の家臣って大名と一緒に引っ越しするんだなーとか、江戸にずっと残る家臣もいるんだなーとか、読みながら江戸の生活が擬似体験できて楽しめました。
    ストーリーとしては王道であまり驚きはありませんでしたが、生き生きとした登場人物が盛り上げてくれて中だるみなく一気に読めました。

  • 面白かった。

    映画が観たかった…

  • 読みやすかったです。
    映画は観ていませんが星野源さんピッタリなのではと思います☺︎

  • 映画が気になっているので原作を読んでみた。
    金策に奔走するだけでなく、城を明け渡したり幕府の役人とやり取りしたり、国替えに伴ういろんな手続きが興味深い。全体的に軽い感じもするけど、そのぶんサクサク話が進む。登場人物も良い人が多いので安心して読める。
    しかし生涯に7回も国替えになった大名がいたなんて知らなかった。こういう人にスポットを当てるのは面白い。

  • 江戸時代の大名の転封を主題にした作品。引っ越し奉行に任命された主人公が金策などに奮闘する。

    国替えの大変さなんて想像したこともなかった。次から次へと出てくる難題に、なるほど~と楽しみながら読めた。

    現実のお金と藩士達の不満の間で板挟みになりながらも、うまく乗り切る主人公の機転が面白い。特にリストラをしなかったのは見事。

    調べてみると作中のお殿様、松平直矩は実在した方のようで何度も引っ越しをしたのは事実とのこと。もしかしたらこれに似たような話が本当にあったかも。

    登場人物の口調などは現代風。時代ものだけどライトな作風で気軽に読めた。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

土橋章宏(ル:どばしあきひろ)1969年、大阪府生まれ。関西大学工学部卒業。「超高速!参勤交代」で第37回城戸賞を受賞。2013年に同作を小説化した『超高速!参勤交代』で作家デビュー。同名映画で第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。作品は第57回ブルーリボン賞作品賞に輝いた。15年にはシリーズ二作目の『超高速!参勤交代老中の逆襲』を刊行。同作は16年に「超高速!参勤交代リターンズ」として映画化された。ほかに、『幕末まらそん侍』『引っ越し大名三千里』『いも殿さま』など著書多数。

「2020年 『水上のフライト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土橋章宏の作品

引っ越し大名三千里 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×