ハレのヒ食堂の朝ごはん (ハルキ文庫)

  • 388人登録
  • 3.49評価
    • (13)
    • (32)
    • (38)
    • (8)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 成田名璃子
  • 角川春樹事務所 (2016年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440035

ハレのヒ食堂の朝ごはん (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最悪の始まりから、すがすがしい朝を迎えられるようになるまで。
    「ハレのヒ食堂」は、とても縁起の良い名前。

    やることなすこと上手く行かなくて、人生どん詰まり。
    どんくさい、自信がない、陰気でコミュ障な、大家深幸27歳。ついにホームレスか?

    一方、最高に美味しいごはんを作る、朝食専門の「ハレのヒ食堂」の店主、晴子は美人でスタイルも抜群だが…なんだか切羽詰まった雰囲気と影がある。
    加えて、彼女もコミュ障だった!

    人生が生きにくく、重い石を背負った様な二人。
    しかし、ただ者ではないホームレス・アラン会長や、貴重な常連さんたち…
    高校生・茜、読書リーマン、職人・川崎さんなどとかかわるうちに、物事は次第に良い方に転がって行く。

    下ばかり見ていないで、きれいな空を見なくちゃ損だよね!
    と思えて読み終わる。

  • 気持ち良く読み終わりました
    こんな朝ごはん食べたいなあ
    登場人物がそれぞれ悩みを抱えながら前に進んでいきます
    吉祥寺の公園
    いいなあ
    おなかがすきました
    文庫なのにカットや装丁がおしゃれです

    ≪ ハレの日は 晴れとは限らず 空見上げ ≫

  • 登場人物がみんないい人です!

    どこかしらに悩みを抱えていて
    あ~。こんなことあるよね。と思いながら
    読み進めていけて読後感が非常にすっきり。

    ちょっと前向きになりたいときにもう一回
    読もうかなと思います。

  • 上半期の心がほっとする物語No.1に決定(わたしの中で)。人生転んじゃって、傷だらけで、めそめそしたっていいじゃない。どんな傷もいつかは癒え、その傷跡を誇らしく思える日がきっとくる、と思わせてくれる素敵な本です。
    カバーもかわいいけれど、目次や章の扉もすごくかわいい(そしておいしそう)。

  • 手元に読む本がなくなって
    買い物ついでにブックオフで
    気紛れに手に取った本だった。

    この本の存在は知っていた。
    舞台に一風変わった食堂を
    設定した作品にはいくつも出会い
    そのうちのほとんどに失望したから
    新刊の時には手を出しもしなかった。

    読み進めるほどに自分の中で
    にやにやが止まらなくなっていた。

    コミュ障の2人組 晴子や深幸の変化が
    たまらなくうれしくて。
    ハレのヒ食堂が変わっていくのを
    子供の成長でも見ているような気になって。

    最後までやさしい気持ちと
    美味しい朝ごはんへの食欲とよだれが
    止まらないままで読みきりました。

    他のご飯もの小説とは違い
    シリーズ化をねらう
    商業主義的なあざとさも
    この作品からは感じませんでした。
    思い切りよく描き切った、という
    潔い物語のラストです。

    だからこそ。

    もう一度 晴子と深幸には会いたいと
    思っています。

    他の方のレビューはなかなか辛口のものが
    多いようですが
    私は気持ちが落ちがちな夕暮れに読んだのに
    とても元気になりました!

  • テンポ良く読めました。主人公の不器用さは自分にも重なるところ多し、で、泣きました。周りがみんな良い人たち。雅志君の存在感がちょっと切ないけど素敵です。いつか気持ちが届くことを願います。

  • ブクログの献本企画で当選したもの。同じ著者の「東京すみっこごはん」を読んでみたいなぁと思ってたので、当たって嬉しかった♪

    家なし職なしでホームレス寸前だった深幸が、ひょんなことから朝ごはん専門店「ハレのヒ食堂」を手伝うことになる。
    店主の晴子も深幸も人付き合いが苦手なんだけど、そんな2人がお客とコミュニケーションをとることによって変わっていく様子が、嬉しくてにやけちゃった。
    さらっと一日で読めました。

    出てくるご飯がおいしそうでおいしそうでたまらない!
    朝採れ野菜のサラダ、炭火で焼いた魚にガス炊飯器で炊いた白米なんて……朝から食べられたら幸せだろうなぁ。
    通いたいなーハレのヒ食堂。

    今の家では無理だけど、ゆくゆくはガス炊飯器を使ってみたい!

  • 続きが気になってどんどん読み進んだ。晴子さんのなんかぎこちないけど、淡々とこなす姿にカッコいいと感じた。

  • さらりと読めてほどよい感じ。
    続編キボンヌ

  • 丁寧に心を込めて作られた食事は、
    人をとても幸福にしてくれる。
    美味しいものを食べて、疲れた心が癒されていく・・・というお話しは最近よくあるけれど、
    この物語で美味しいものに救われていくのは
    『ハレのヒ食堂』で働いている人たち。
    美味しいものが食べられる幸せの他にもう一つ
    美味しいものを作ることで得られる癒しや幸せもあるんだね。

    人生晴れの日ばかりじゃないから、
    主人公たちのように過去の自分がどうしても許せなかったり
    自分を丸ごとどこかに捨ててしまいたくなる時だってあるだろう。
    そんな時は『ハレのヒ食堂』という店名に込められた願いを私も思い出してみようと思う。

全39件中 1 - 10件を表示

成田名璃子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
坂木 司
藤野恵美
有効な右矢印 無効な右矢印

ハレのヒ食堂の朝ごはん (ハルキ文庫)はこんな本です

ハレのヒ食堂の朝ごはん (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする