わが闘争 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出版界の風雲児にして、自称「芭蕉を超えた」俳人、角川春樹氏。本書は、二年五ヶ月余りの服役を終えて出版界に復帰した後、心境の変化や自身の半生を綴った自伝。

    子供の頃からUFOを頻繁に目撃し、宇宙人と交信した事もある、スピリチュアルな著者。

    「メディア・ミックス」「文庫革命」でベストセラーを連発。斜陽な角川書店を見事立て直して
    時代の寵児となった著者。

    父親との確執、妹の自殺、弟との対立、麻薬取締法違反による逮捕と服役、胃ガンや腸閉塞等の病苦等、ありとあらゆる艱難辛苦に見舞われた著者。麻薬で逮捕された著者は、最高裁まで争い、決して頭を下げなかったという。

    「弟のような平凡な普通の人間と、おれのような天才とは、歴然とした差がある」と言い切る著者。

    5度の離婚など、女性関係に自由奔放な著者。

    強烈な個性とエネルギー、圧倒的な自信、波瀾万丈の半生の何れにもただただ圧倒されました。

  • 弟である角川歴彦氏とはエライ違いがある・・・

    本当にそりが合わないというか、キャラクターが異なるし、
    兄弟の相克は当事者にしかわからないものだと思うけれども、
    やはり、父である角川源義氏への愛憎半ばする感情と同じで、
    仲良くはしたいのだと受け止めた。

    角川兄弟のことのみならず、そのほかの点について、
    とても赤裸々に記されているので、面白く、あっという間に通読できた。

  • 角川書店元社長による半生記。
    (イースト・プレス 2005年刊『わが闘争―不良青年は世界を目指す』に加筆・修正)

  • 古川書店

全4件中 1 - 4件を表示

角川春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする