あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.11
  • (149)
  • (221)
  • (88)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1111
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幸、頑張れ!

  • 幸 テレビでやるとしたら誰かな。かっこいい!

  • やっとこれから、予想通りの展開。

  • 主人公の幸は、女衆として奉公する五鈴屋の店主、徳兵衛の後添いにという話が持ち上がる。

    テンポ良く展開し、ハラハラ、ドキドキさせられるとても面白い物語です。
    幸と、五鈴屋のお家さんの人柄、情が心に響き、女衆のお竹とお梅の人柄、やりとりに和みます。

  • 180211*読了
    高田郁さんの小説は商い、仕事のおもしろさと人情の大切さ、女性が一生懸命生きる姿を伝えてくれる。歴史小説はさほど読まないけれど、義父から高田郁さんの小説を貰ったことですっかり彼女の小説の虜になり、みをつくし料理帖は献立帖を除く全巻読破。金と銀もおもしろくて、早く続きが読みたくて仕方がない。
    今回は放蕩息子徳兵衛の後添いとなり、生地のことなど商いについて学ぶことができ、商い戦国の時代を生き抜く武将になる第一歩が踏み出せてよかった。生地の話はこちらも読んでいて興味深い。惣次に同行することで惣次の商いの姿勢、客に対する態度を知る場面が印象的。
    最後には驚きの展開。これからどうなるのだろう。
    個人的には智ぼんさんが好き。

  • てっきり、智ぼんさんとうまくいくと思っていたのに。

  • あきない世傳第二弾。

    正直、びくびくものだった。
    幸が後妻になるのだろう、廓通いの店主の妻となってどんなに酷い目にあうのだろうと、
    ちょっと読み始めるのが怖かった。

    しかし、近所では下女扱い、
    さらに鵺と言われても笑い飛ばせるようになっていて良かった。

    そして今度は、いつお家さんが亡くなってしまうのだろうと、びくびくしていた。
    それなのに、亡くなったのは四代目店主。

    幸がまた活躍しているとは言い難い。
    本領を発揮するのはこれからなのだろうか。

  • アホぼんの亭主がろくでもないことばかり仕出かすが、旦那が亡くなり新たな局面を迎える。どうなるんだろう?

  • つまらない男に添わされた幸の不運にイライラしたが次巻の布石なのでしようかね。いつかどこかでひょっとしたら化けるかと思わせながら結局はつまらない男のままで他界した旦那。それはそれでほっとしたけど。

全166件中 61 - 70件を表示

高田郁の作品

ツイートする