少年時代 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440776

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成育ちには信じ難い昭和の少年時代?(笑)
    ミステリィではないけれど、最後でそれぞれの短編が繋がる連作仕立てに、深水作品だなと納得。

    「天の川の預かりもの」
    「ひょうろぎ野郎とめろず犬」
    「鎧袖一触の春」

  • 2018/1/20 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。

  • 2017年9月1日読了。
    2017年52冊目。

  •  井上陽水の名曲と同じタイトルを持つ本作。深水黎一郎という作家の芸風の広さは、承知していたつもりだったが、なるほどこれは意外だった。

     全3編中、最後の「鎧袖一触の春」が全体の約半分を占める。この聞き慣れない四字熟語が入った中編こそ、本作のメインに違いないが、最初の2編があってこそ、クライマックスが盛り上がる。本作は、順に読んでこそ意味がある。

     「天の川の預かりもの」。僕はチンドン屋を見たことがないが、昭和世代として、つい冒険したくなる少年の心理は、よくわかる。「ひょうろぎ野郎とめろず犬」。昔は大抵の家庭がこんな感じだったな。言葉遣いが多少汚くても、根底には愛情がある。何だかいい話だなと思ったら、最後に唖然…。

     いよいよメインへ。裏表紙で触れている通り、柔道をテーマにした青春ものである。かつてのスポ根アニメのような乗りだが、柔道に限らず、スポーツに打ち込んだ経験がある人は、頷けるだろう。我々くらいの世代だと、まだ水を飲むなと言われていたと思う。僕自身は運動オンチで、こういう理不尽を経験していないのだが。

     全国制覇を狙う巨漢揃いの強豪校に、軽量だけのメンバーで挑む。いかにも漫画的な構図だが、手に汗握る迫真の描写はどうだ。深水さんは、柔道にも造詣が深いのか。危険と隣り合わせで、実際に稽古中の事故も聞く、柔道という競技。圧倒的体格差にひるまず、どうしてここまで体を張れるのか。

     それにしても思うのが、柔道の五輪代表選手たちの過酷さである。格技としての柔道と、競技としてのJUDOの違いは、昔から言われていたが、日本代表選手は、その両立が求められ、なおかつ金メダルしか期待されていない。それでも、多くの柔道選手が、1階級に1人だけの五輪代表枠を目指すのだ。

     昭和と現在では、部活動やスポーツのあり方も変化している。現在では給水は常識である。変えるべきところは変えるとしても、不変の部分もある。平成生まれの読者でも、感じるものはあるはずだ。

  • 2017/03/21読了

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1963年、山形県生まれ。慶應義塾大学卒業。
2007年に『ウルチモ・トルッコ』で第36回メフィスト賞を受賞してデビュー。
2011年に短篇「人間の尊厳と八〇〇メートル」で、第64回日本推理作家協会賞を受賞。
2015年刊『ミステリー・アリーナ』が同年の「本格ミステリ・ベスト10」で第1位に輝く。
他の作品に『倒叙の四季 破られたトリック』『少年時代』『午前三時のサヨナラ・ゲーム』
『ストラディヴァリウスを上手に盗む方法』『虚像のアラベスク』などがある。

「2018年 『ミステリー・アリーナ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深水黎一郎の作品

ツイートする