未来へ・・・(上) (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.88
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 201705/上下まとめて。新井素子にしか書けないSF、健在。登場人物達のしゃべりかたとか文体は読む人選ぶし、共感とかはなかったけど、泣けた泣けた…。長年変わらないところと変わったところ、どれをとっても素子さんならではの魅力だな~。

  • とても悲しい過去の出来事を変えられる可能性に気付いた時、母親はどうにかして変えたいと思うみたい。たとえそれが思い込みに過ぎないかもしれなくても。
    無事に成人したもう一人の娘との共同になってしまった願いはどんな結果を見るのだろう。

  • 日本SF傑作選2017を読んで積読にあるのに気付いた

  • 過去の自分への提言からパラレルワールドへ。
    2分冊してまで枚数を稼いだが、堂々巡りに付き合わされた感じ。落とし所は、話に齟齬をきたさずよかったので、話を削ぎ落として、もう少し短くすればよかった。

  • 16年前に娘を事故で亡くした母親が、「夢」を通じて過去の世界で娘を事故から守るお話。
    新井素子さんらしい空間演出が見事に描かれていて、「あぁ、子供を亡くすとこういうこともあるんだろなぁ」って考えてしまいます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする