日雇い浪人生活録(三) 金の策謀 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440875

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 諌山さまが用心棒として働くには優し過ぎますね。

  • 日雇い浪人生活録の三作目。貧乏で腕の立たない浪人の話。面白い。

  • 田沼の男の野望
    市井の商人と浪人者に何をさせるやあ

  • 浅草両替商分銅屋仁左衛門の命を狙う争いは、札差の加賀屋、幕府の体制を金に移行しようとする田沼意次、それに反対する目付、それらに巻き込まれた人々と争いは広がっていく。腕はさほどでもないのに人柄と鉄扇の技術で用心棒として雇われた諌山左馬介は、町奉行所から目をつけられる。陰謀詐術渦巻くなか生き残れるのか。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

一九五九年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒、歯科医師。九七年小説CLUB新人賞佳作。二〇〇一年作家デビュー。時代小説を中心に活躍。主な文庫シリーズに「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)、「将軍家見聞役 元八郎」「織江緋之介見参」「お髷番承り候」「禁裏付雅帳」(以上徳間文庫)、「勘定吟味役異聞」「御広敷用人 大奥記録」(以上光文社文庫)、「奥右筆秘帳」「百万石の留守居役」(以上講談社文庫)、「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」(角川文庫)、「日雇い浪人生活録」(ハルキ文庫)など。ほかの文庫作品に『辻番奮闘記 危急』(集英社文庫)、『奏者番陰記録 遠謀』(文春文庫)、『鳳雛の夢』(光文社文庫)など。単行本『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社、のち中公文庫)で第十六回中山義秀文学賞を受賞。単行本の近著に『翻弄 盛親と秀忠』(中央公論新社)、『傀儡に非ず』『茜の茶碗』(以上徳間書店)などがある。

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする