白に染まる 着物始末暦(九) (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.89
  • (6)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758441117

作品紹介・あらすじ

晴れて夫婦となった着物始末屋の余一と、一膳飯屋の看板娘・お糸。しかし互いに忙しく、夢にまで見た夫婦の暮らしはすれ違いが続き、お糸はひとり思い悩んでいた。一方、大隅屋の若旦那・綾太郎は、朝っぱらからうんざりしていた。西海天女と呼ばれている唐橋花魁が吉原で着る最後の打掛を大隅屋で作ったことが江戸中の噂となり、それを一目見ようと、客が押しかけてきたからだ。唐橋に恨みをもつ札差の澤田屋や、京の老舗呉屋問屋、井筒屋江戸店の店主・愁介がつけ狙う中、唐橋の最後の花魁道中は無事に終わるのか!?待望のシリーズ第九弾!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 晴れて夫婦になった着物始末屋の余一と、一膳飯屋の看板娘・お糸の物語。シリーズ№9「白に染まる」、2017.8発行です。師走の嵐、白に染まる、道中の行方、寿(ことはぎ)の袖の4話。余一の名前を「余った一」と思ってた余一ですが、余(よ)は、貴い身分の者が自分を指す言葉で、我ひとりという意味、ひとりでも生きていけるようにとの母親の気持ちから名付けられたことがわかりました。

  • お糸の妊娠に、余一の出生、唐橋の花魁道中に、おみつと千吉まで…次々と事が起こり、花魁道中に着た打掛の始末はどうなるのかと期待も持たせて終わっていますが、何処に焦点を当てて読んだらいいものだかわからなくなってきました。

  • L 着物始末暦9

    お糸の悩みは相変わらず。前巻で解決してなかったっけ?で、新たな展開があったけど早すぎじゃないのか。でもそのくらい作らないとマンネリから脱せないもんな。
    余一の出自の秘密は本人の知るところになったので、あとは相手の出方次第か。なんにしても萎み気味。大きな事件ネタないと終わっちゃうよーまぁ大円満で終わるんでしょうけども。
    おみつと千吉も、そうなるわなーの展開だし。

  • シリーズ第九弾。

    今回は、お糸の解任から始まり、唐橋の花魁道中を挟んで、
    おみつと千吉の関係が発展するか。。というところで終わっています。
    井筒屋が本当に、江戸から引き上げるのかは怪しいですね。

  • 2018年1月西宮図書館

  • 井筒屋はこれで江戸から去るのかな?

    おみつと千吉、どうなるのかな?

    おみつには幸せになってほしい!!

    2018.1.18 読了

  • 着物始末暦シリーズも第九作。
    長かった余一とお糸の行き違いもようやく片が着いたと思ったらもう懐妊。
    あの余一が身重のお糸のために苦手なお糸の父との同居までしてしまうとは、すっかり良い夫になってる。
    さらに、余一の名前の所以も分かりホッとする。
    しかし散々引っ張ってきた井筒屋の絡みは何だかアッサリと終了。勿論これで引き下がる井筒屋ではないだろうが、何だかやることが如何にも小賢しい悪者っぽくて興醒めする。もう少し大隅屋や余一と渡り合うくらいの着物問屋としての矜持や腕を見せてくれた方が良いのに。
    おみつも相変わらず好きになれない。千吉との関係が変わりそうだけど、うーん、申し訳ないけど興味が湧かない。
    一番良かったのは身請けされる唐橋花魁の堂々たる道中と口上。花魁らしい、誰にも媚びず、しかし気遣いも感じられる姿が素敵だった。
    次が節目の十巻。完結となるのか新たな展開となるのか。

  • 着物始末暦シリーズ九。幸せになった余一、綾太郎、六助が花魁道中の打掛に関わる。大変さが先に立ち、ホッとするもその後にもひと騒動が持ち上がる。話しひとつひとつに味があって面白く引き込まれた。井筒屋もこのままの筈はない。この先も待ち遠しい。

  • 人生、進むときはトントン進んで、進まないときはどうやってもそのままなのかなと思う。
    夫婦になる、とか、子どもが生まれる、とか、そういうことも含めて縁ってつながっていくんだろうな、と思った。

  • 2017.09.30読了
    いよいよいよ余一くんもお父さんですか。
    無事に産まれてくることを願います。
    お糸ちゃんは気は強いけど気にしいだからね。でも余一くんは変わりましたよ。古着屋の六さんも言っていたけど、どの口がそう言うんじゃー、ってね。
    今回のお話は、井筒屋さんの執念の話。さあ、黙って引き下がるのか。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

作家

中島要の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮下 奈都
西條 奈加
中島 要
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする