食卓一期一会 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.83
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :150
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758441292

作品紹介・あらすじ

美味しそうなにおい、色、音で満ち溢れた幸福な料理と生きることの喜びが横溢する、食べものの詩六十六篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生きること、その意味に食は不可欠であり、誰と食を共にするかで得られる満足感も味も変わります。食事をずっと摂れなかった苦い経験が、私にそれを教えてくれました。戦時下で何も口に出来なかった兵士は食べたい物を口ずさみながら撃たれ死にました。もし与えられるのならば、何一つ残しはしませんでした、言葉以外は。目の前にある幸福に気付けない私は泣きました。選ぶこと、作ること、味わうこと、誰かと共有出来ること、当たり前のようで、食は私達の身体を生かし人生を彩ってくれている。米粒一粒に凝縮された価値を、私達はもっと幸せに噛み締めなければいけない。

  • こんなに素敵な詩集なかなかお目にかかれないよ!!

  • たべることはいきること。

  • お腹がすく詩集だな。詩を読んでるのではなく、質の良い食エッセイを読んでる感じがした。

  • 平たくて色とりどりの言葉たちは、読者をとても豊かな世界へと
    連れていってくれる。

  • 誰もが過ごす食事の時間を、
    今までよりも
    もっと大切に思えるようになれる本。

  • なんて素敵なんだ!
    江國の解説も、とても良い。共感。

  • 長田弘の言葉が好き。

    これ、タイトル買いでしょう(笑)
    本棚に置いておいて、何度も何度も断片を味わうこととなるでしょう。

    江國香織の解説に共感した。

    「言葉のダシのとりかた」と
    「コトバの揚げ方」は
    2回目だけど。それでも良い。

    キャラメルクリームとアガサクリスティー。
    マッシュポテトとアイルランド。
    美味しそうで、楽しそうで、羨ましい。
    食卓には時間があるんだな。
    進みながら、時には待ちながら、出来上がったものを、噛みしめる。

    食べ物から世界に出逢う一冊。

  • 祝文庫化!

    角川春樹事務所のPR
    〈食卓は、ひとが一期一会を共にする場。人生はつまるところ、誰と食卓を共にするかということではないだろうか〉(後記より)「天丼の食べかた」「朝食にオムレツを」「ドーナッツの秘密」「パイのパイのパイ」「アップルバターのつくりかた」「ユッケジャンの食べかた」「カレーのつくりかた」─など美味しそうなにおい、色、音で満ち溢れた幸福な料理と生きることの喜びが横溢する、食べものの詩六十六篇。(解説 江國香織)
    http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=5689

    晶文社のPR(単行本)
    一期一会は食卓にあり。人生とは、誰と食卓を共するかということだ。詩という言葉の料理をとおして、歯ごたえのある日々の悦びを、食卓に贈る。言葉のダシのとりかた・包丁のつかいかた・天丼の食べかた・ブドー酒の日々……全篇すべて食べもののうた66篇。「日本の詩はここまで、料理を通して詩を思想を語るところまできた」(朝日新聞評)
    http://www.shobunsha.co.jp/?p=1073

全9件中 1 - 9件を表示

長田弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
柚木 麻子
エラ・フランシス...
佐藤 雅彦
益田ミリ
伊坂 幸太郎
村山 早紀
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

食卓一期一会 (ハルキ文庫)はこんな本です

食卓一期一会 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする