今日のハチミツ、あしたの私 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.91
  • (5)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 192
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758442404

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今いる場所や新しい場所を自分の居場所にすること。その場所で生活していくこと。そのためにひとつひとつをコツコツとこなしていく。簡単ではないし色々なことがあるけれど誠実に向き合っていくしかない。その場所にいる人たちや空気に助けられながら馴染んでいく碧。その過程がすごくいい。苦労したぶんが報われるかどうかもわからないし先への不安もある。それでもやっぱり少しずつしか進めない。そのなかでの変化を見逃さずにしっかりと見ていきたい。蜂蜜が色々な料理に合いながらも個性をちゃんと主張するように、誰にでもいい顔をするのではなく自分という存在を認めてもらいその場所を見つけ立っていたい。

  • 表紙のホットケーキが美味しそうで咄嗟に手に取った。お話を読んで更に嬉しくなった。はちみつが人の心をほぐしてくれる。主人公が「蜂蜜をもうひと匙足せば、たぶんあなたの明日は今日より良くなるから」という言葉をかけられ、ゆっくりと歩みはじめ、いつしか自分の居場所をゆっくりゆっくりと作っていく。そんな姿に読んでいるこちらも嬉しくなった。作中にでてくる蜂蜜をつかった料理や甘い食べ物も凄く食べたくなってしまう( *´艸`)

  • 私はそれまで号泣していた。涙が乾いた頃、ゆっくりとこの一冊に吸い寄せられるように読み始めました。
    噂で聞けば、今日は特別な日らしいから。貴方の毎日におめでとうとありがとうと、笑顔と蜂蜜ひと匙分の甘味を♡そして最高のプレゼントは、言葉で贈るよりも、やっぱり私がその一年で一番の特別な日に寺地先生の作品を読むことだと思いました。ただ、読了が間に合わなかった、ごめんなさい

  • 表紙買いなんだけど、思ったよりずっと良かった。
    ご都合主義で説教臭いんだけど、嫌味じゃなくて胸に落ちるのは、本当は私達は皆、おせっかいな位の優しさを欲しがってるからじゃないかと思う。
    すきな文章をフレーズ登録しようと二箇所栞を挟んでいたら、解説で二箇所とも引用されていて切ない。恋の痛みを忘れるのではなく、飲み込んで歩こうと思える30代かっこいいと思います。

  • 今日のハチミツ、あしたの私 読み終わり。
    すごく好き…ハチミツを胸塗られて、そこから甘さが沁みてくるみたいだった。
    黒江さんの不器用さも、あざみさんのかっこよさも、麻子さんの必死さも、安西のカッコ悪さも、とても好き。

    これから、家にハチミツ常備しておこう。

  • その場所にいる人たちや空気に助けられながら馴染んでいく碧。その過程がすごくいい。苦労したぶんが報われるかどうかもわからないし先への不安もある。

  • いじめられていた10代の頃に食べたはちみつに助けられ、食の仕事についた碧。甘ったれたまま30になった彼氏の安西が仕事をやめたことをきっかけに、安西の実家のある街へ引っ越してくる。ちかくの養蜂場で働きはじめた彼女は、食を通して、少しずつ自分の居場所を見つけはじめる。

    しなやかに逞しい碧は、世界に依存したり頼ることはしないけれど、肩肘をはるわけでもなく、上手に世界に馴染んでいく。愛されていく。こういう柔らかな人になりたいものよのう。といつも思う。食事を大事にする人は、しゃんと自分の足で立っている気がする。

  • 明日人生が終わるとしても、物語はしっかりと続いていく。
    食べることは生きることで、1人よりも誰かと時間と味を共有した方が強く生きてると感じる。
    甘いあの時のハチミツが小さい頃の自分を救ってくれて、
    そしてその時に救った自分が相手を救えているかもしれないというのは繋がりを感じて希望になる気がする。

  • テンポが良くてあっという間に読了。
    碧の優しさが周りの人との関わりで力強くなったと感じた。
    きっと、これから安西も変わっていくだろう。
    蜂蜜から始まった碧の人生。美味しいものもたくさん!

  • ★4.0
    もし明日人生が終わるとしたら。そんな不穏な言葉から始まるけれど、とても優しくて少しホロリとさせる読後感の良い作品。正直なところ、序盤は碧の性格と安西との関係性、その両方に微妙さを覚えた。が、ふと気付けば安西はそっちのけ、朝埜の人たちと交流を深めていく碧の日常が堪らなく面白い。何よりも、養蜂という未知の世界が魅力的な上に、蜂蜜を使った様々な料理の美味しそうなこと!そして、明日のための今日、という考え方が素敵だとしみじみ思う。ラストの安西なら碧とお似合いだと思いながらも、やっぱり碧と黒江さんに1票。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

寺地 はるな(てらち はるな)
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。2014年『ビオレタ』で第四回ポプラ社小説新人賞を受賞。
著書に『ミナトホテルの裏庭には』『月のぶどう』『今日のハチミツ、あしたの私』『みちづれはいても、ひとり』『架空の犬と嘘をつく猫』『大人は泣かないと思っていた』『正しい愛と理想の息子』がある。

寺地はるなの作品

今日のハチミツ、あしたの私 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする