七里ヶ浜の姉妹 (ハルキ文庫 な)

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758443104

作品紹介・あらすじ

愛する妻を若くして病気で失った幹彦と、母が恋しくてたまらない幼い姉妹・梢と若葉。
傷心の父娘は、鎌倉七里ヶ浜に居を構え、新生活を始める。
美しい海、地元の商店街の大人たち、増えていく友達……
三人は少しずつ街に馴染み、七里ヶ浜が地元になっていく。
とくに姉妹の成長を節目節目で支えたのは、いつも白猫と一緒に現れる少女・マキちゃんだった。
幼かった姉妹が自分の道を歩き出し、父のもとを巣立つまでを見まもる、優しい物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2つ上の姉がいるので、妹の若葉の気持ちがなんとなくわかる。節目節目に登場するマキちゃんがいなかったら、この姉妹は全然違う道に進んでいたんだろう。そう考えると人の生き方なんてほんのちょっとしたことで変わってしまうんだろう。

  • 公共交通機関で読んではいけないシリーズ!
    最後の方は、感動。
    で、終わりに
    あとがきかな?と思ったら、はじまりって‥
    そこて、えー?そーきた?みたいな‥

    母親を亡くした幼い姉妹の成長の中での悩みを的確にアドバイスしてくれるお友達。
    母親が亡くなったことを恐怖に思っていたしっかり者のお姉さん。
    写真をポラロイドで撮る明るい優しいお父さん。
    なんで、ポラロイドなのかな?と思ってはいたけど。
    ジョン、きっとジョンだよね?

  • 母を亡くした姉妹と父親、そしてそれを取り巻く町の人々が織りなす物語。姉妹がそれぞれ壁にぶつかり、道に迷った時、不思議なネコとマキちゃんが背中を押してくれ、2人、そして父親も少しずつ成長していきます。
    悲しい生い立ちや心の傷も、認めて暖かく包み込むような優しい眼差しが心地良い。最後の章はボロボロと泣いてしまった。

全3件中 1 - 3件を表示

名取佐和子の作品

ツイートする