ことばの認知空間

著者 :
  • 開拓社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758921206

作品紹介・あらすじ

認知言語学のアプローチでは、言葉は、主体から独立した自律的な記号系ではなく、世界とダイナミックに相互作用していく主体の一般的認知能力の反映としての開かれた記号系として理解される。本書では、認知言語学のアプローチから、日常言語のメカニズムとその背後に存在する人間の知のメカニズムの一面を考察していく。言葉の探究に際し、認知言語学が注目する一般的認知能力のなかには、焦点化、カテゴリー化、イメージ形成、イメージ・スキーマ形成、スキーマ変換、スキャニング、プロファイル・シフト、等にかかわる認知能力が含まれる。本書では、この種の能力を特徴づける多様な認知プロセスとの関連で、日常言語の多義性、意味変化、照応、省略、メトニミー、話題化、話題の転換、推論、等にかかわる言語現象の体系的な分析を試みる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2009 前期「言語認知論」(山梨正明) 教科書.

  • 買ったけど、ぼちぼち読書中。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

京都大学名誉教授、関西外国語大学特任教授。著書:『認知文法論』(ひつじ書房、1995)、『認知構文論』(大修館書店、2009)、『認知意味論研究』(研究社、2012)、『自然論理と日常言語』(ひつじ書房、2016)、ほか。

「2018年 『ラディカル構文文法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山梨正明の作品

ツイートする