Efficacy of Visual-Auditory Shadowing Method in SLA Based on Language Processing Models in Cognitive Psychology

著者 :
  • 開拓社
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758922364

作品紹介・あらすじ

読解と比較して聴解を不得意とする外国語学習者が多く存在する。文字や音声は、心内で自分の音声に変換される処理、すなわち音韻符号化処理されることが知られる。読解と比較して聴解を不得意とする学習者は、聴解条件における音韻符号化処理が、読解条件と比較して十分に活性化されていない可能性がある。本書では、読解条件における音韻符号化処理を援用し、聴解力向上を目指す新しい聴解指導法を5つの実験により検証した。

プロフィール

実践女子大学言語文化教育研究センター准教授。コロンビア大学ティーチャーズカレッジ日本校TESOL専攻(2005年02月修了)、広島大学大学院教育学研究科学習開発専攻博士後期課程 (2013年03月修了)。 博士(教育学) 広島大学大学院( 2013年03月)。専門分野は英語教育学・学習開発学。著書: 『100トピックで学ぶ 実践英語トレーニング』(共著、ひつじ書房)。

中山誠一の作品

Efficacy of Visual-Auditory Shadowing Method in SLA Based on Language Processing Models in Cognitive Psychologyを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする