英語ジョーク快読のススメ―ジョークがわかれば、言葉も文化もわかる (開拓社言語・文化選書)

著者 :
  • 開拓社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758925112

作品紹介・あらすじ

英語ジョークを読むことは日本人にとって一種の謎解きである。謎を解く鍵は、ジョークの世界での決まり事、諺・聖書・詩文等の有名句に対する知識、英語表現上の工夫(多様な両義表現、音声学的・修辞学的・文法的仕掛け)等の理解である。さまざまな角度からのアプローチを試みながら、随時、文人にまつわるエピソードや戯文調のコメントを配し、学生・教師ともに楽しく読める一書に仕上げた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • jokeの文法的な含意が解説されている英語上級者向け。jokeを理解し、自分でも使えるようになるためには必読。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA90475461

  • 難しかった〜>_<

  •  「英語でジョークを言えるようになれば英語学習者としては一人前。」
     こんなことをよく耳にします。英語でジョークを言う。憧れますね。
     しかし、いざ言おうとしてもなかなか言えるものではありません。文法や語彙、イディオム表現をある程度覚えていても、ジョークを理解できるわけではないのです。ではどうすればジョークを理解できるのか。
     本書ではジョークのパターンをわかりやすく紹介し、その背景にある英語という言語の形や英語圏の文化などへの説明も試みています。学問としてではなく、英語学習の延長として楽しく読める一冊だと思います。
     円滑な人付き合いには欠かせないジョーク。侮ってはいけません。
    (2012ラーニング・アドバイザー/人社NAMIKI)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1377499&lang=ja&charset=utf8

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1936年,富山県生まれ。富山大学文理学部文学科卒,出版社勤務の後,公立学校教諭,富山商船高専助教授を経て国立高岡短期大学(現在,富山大学芸術文化学部)助教授,同教授,同名誉教授。著書: 『王様とタカ』(共著),『ブレーメンの音楽隊』(共著),『親ゆびトム』(共著),『わらしべ長者』(共著),『パイプスじいさん』(以上、学生社)、『英語ジョーク快読のススメ―ジョークがわかれば、言葉も文化もわかる―』、『学校英文法プラス―英語のより正確な理解に迫る―』、『英語の法助動詞』(以上、開拓社)、『英語聖書の修辞法と慣用句』(英宝社)など。

英語ジョーク快読のススメ―ジョークがわかれば、言葉も文化もわかる (開拓社言語・文化選書)のその他の作品

中野清治の作品

英語ジョーク快読のススメ―ジョークがわかれば、言葉も文化もわかる (開拓社言語・文化選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする