ホルモン奉行

著者 :
  • 解放出版社
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759202281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肉に興味があったのではなく、被差別部落、在日韓国・北朝鮮人と肉との関係に興味があった。

  • 仕事先では「油かす」や「さいぼし」をよくみかける。職場内でかすうどんブームに火をつけた一冊。煮こごりはまだ食べていない。

  •  文字は多いですが、美味しそうです。
    最初のカラーのページの写真が特に!
    あまりに美味しそうなので、
    料理してしまいそうになります。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1963年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。神戸新聞記者などを経てフリーに。著書に『被差別部落の青春』(講談社文庫)、『ホルモン奉行』(新潮文庫)、『はじめての部落問題』(文春新書)、『とことん!部落問題』(講談社)、『ふしぎな部落問題』(ちくま新書)、『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(小学館文庫)、共著に『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)などがある。『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』で第33回講談社ノンフィクション賞受賞。

「2017年 『ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ホルモン奉行のその他の作品

角岡伸彦の作品

ツイートする