いっちゃん (エルくらぶ)

著者 :
制作 : 村上 康成 
  • 解放出版社
4.13
  • (7)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759222401

作品紹介・あらすじ

一つ目小僧の“いっちゃん”は、普通の男の子。美人の“ののちゃん”は、のっぺらぼう。いっちゃんは、ののちゃんに恋してる。「普通」って何? 普通の子たちのナンセンス絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとつめこぞうやのっぺらぼうが普通に違和感なく溶け込んでいるのがとても魅力的な絵本。

  • [墨田区図書館]

    「いっちゃん」という呼び名にひかれて借りてきました。

    表紙を見てもしかしたらと思っていたら、案の定主人公は「一つ目小僧」の"いっちゃん"。お話自体は後記で書かれていたように、不思議なストーリーを作り出す二宮由紀子さんのお話だけあって、とても不思議な世界。一見ありえない"いっちゃん"と"ののちゃん"という人物?たちの組み合わせなのに、ふつーの学校生活であるような「○○ちゃんはいいなぁ」という悩みをもちながら、どこか含みのあるようなけれどもその真意を読みきれないような会話が表面だけ続いていく。

    4歳の息子は特に深読みするでもなく淡々と最後まで聞いていたのですが、作者にこの心うちを聞いてみたくなるような本でした。ただ、表紙の雰囲気に対して中身はやや字が多い!読み手の私の方が開いてそのギャップに「うっ」とつまりました。子供によっては開いた直後に拒絶反応をおこすかも??

  • 20120415
    M図書館

  • 5分

  • 誰もが皆違うから羨ましがらなくていいんですね。

  • みにぴ ミク氏 2011.10.07

  • 初めは図書館で借りて読んだのですが、どうしても手元に置きたくて本屋で取り寄せてもらいました。
    周囲に対して引け目を感じることが多かった小学生時代、周囲の目を全く気にしない友人が凄く眩しく、格好良く見えたのを覚えています。
    何だかそれはいっちゃんとののちゃんのようだと思いました。
    シュールな世界のように見えて、現実的な話です。そして少し元気になれる話だと思います。

  • ハンディがある娘に読んでほしくて図書館で借りてきました。

    いっちゃんは一つ目にコンプレックスを持っているけど、ののちゃんはのっぺらぼうだからといって、何も感じてないし、引け目も感じてない。

    そんなののちゃんにクラスの子たちは一目(いちもく)おいている。。

    意外と深いお話です。

    でも、娘にはちょっと難しい内容だったかな?それでも「のっぺらぼう」を覚えたのでよしとします。それに、なんとなく不思議な二ノ宮さんワールドに少しひたったようです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1955年、大阪生まれ。「ハリネズミのプルプル」シリーズ(文溪堂)で赤い鳥文学賞、『だれか、そいつをつかまえろ!』(BL出版)で日本絵本賞翻訳絵本賞、『クリスマスはきみといっしょに』(BL出版)で産経児童出版文化賞、『ものすごくおおきなプリンのうえで』(教育画劇)で日本絵本賞大賞、『へちまのへーたろー』(教育画劇)で日本絵本賞を受賞。おもな作品に、『さんぽひものはつこい』『だいすき、でも、でもね』(共に文研出版)、「あいうえおパラダイス」シリーズ(理論社)、『コロッケくんのぼうけん』(偕成社)『せかいでいちばん大きなおいも』(佼成出版社)など多数ある。

「2017年 『スイーツ駅伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二宮由紀子の作品

ツイートする